忍者ブログ
タティングレースの記録。 初心者の備忘録なのでひどい出来のものも多々。
自分がダイソーレース糸を
#20、#40とも全色追っていたのは
「2014年」まで

以降の2015年、2016年は#20の新色は結構出てたけど
#40は無し

それどころかカラーバリエ縮小の憂き目に。。。

ダイソー神は#40を見捨てたもうや―――



しかし

2017年

#40新色

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!


×××××


ダイソーレース糸 #40 ミックス COL NO.51 パステル

1玉108円で購入
購入場所はダイソー
20gで175m









うん、全然色が出ないね(笑)



【 使ってみて思ったこと 】

・現物を見ても相当色が薄くてね~
・うす~いパステルピンク~~うす~いパステルクリーム~~うす~いパステルグリーンが
・なかなかのロングピッチでひたすら薄ぼや~~んな世界をご提供( ゚‐゚ )ヌボー……
・手持ちの糸で色目が一番近いかな?という糸が
・ダルマレース糸 #40 紫野 かすり 色番61(淡マルチ)

・これですかね~
・でもこの糸はパステルレインボーの正統派萌え糸なのに対し
・今回のダイソーミックスパステルは見た感じ3色だけで
・中間部分はその前後の色が混ざってる(混ざっちゃった)だけな感じ
・編んでてこんだけ色が変わってく感に乏しいMIX糸も珍しいよw
・だけど色混ざりゾーンでも元が薄色なせいか濁り色になってないのは
・個人的萌え観点からすると美点(・∀・)
・編んでみてもうすぼや~んなままだけど
・これはこれで良い(≧▽≦)ことになったw
・糸質、編み心地は従来のダイソー#40と変わりなし
・編み目、編み地が緩みがちなのは欠点だけど
・蝋引きしたようなヌヌヌな糸質のお陰でリングもヌルヌル解けるのだ


×××××


拍手ありがとうございます♡
では拍手コメントのご返信です~!


Kさん、こんにちは~! にどめまして~♪(≧▽≦)人(≧▽≦)♪
でもこれがAMの仕様。。。いや正確にはAMのTR本の仕様だから…ッ! ヒィ~(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
薄くて高いのはともかくとして色々なことがかみ合わなかったことも要因のようで(´・ω・`)
個人的には次の本に期待してますデス(`・ω・´)AM外でゼヒ


Fさん、こんにちは~!
そろそろお手元に届いた頃でしょうか(^o^)ゞ
そうなんです!! ”それ”だけはしっかり込めたつもりでしたので、感じ取ってくださって本当に嬉しくホッとしました~!!。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ


Kさん、こんにちは~! わーいお久しぶりです~(≧▽≦)人(≧▽≦)
今回の件は遠く傍から見ていても。。。なカンジでしたので正直やっぱりなぁと思う部分もありましたです。。。上級者向けという”依頼”があったとはとても思えない煽り文句。。。AMェ。。。
費用負担の面から自費出版はハードル高いと思うのですが思い描く本を出せる確率は高そうな気は自分もします(`・ω・´)

拍手[11回]

タティングレースのブレスレット&ピアス70 (アサヒオリジナル)

著者  : maimai kaito 海東 麻井
出版社 : アップルミンツ(朝日新聞出版)
発行日 : 2017年5月31日
定価  : 1400円+消費税

A4変形本
64ページ
グラビアページ/フルカラー、編み図/2色刷


表紙



裏表紙






×××××


なぞのニューカマーさん

本を手に取る
う、薄っ Σ(゚д゚;)

中身拝見
作例……少ない ⊂⌒~⊃。Д。)⊃

このボリュームで1512円は
高 い …?


ああ
この感覚
この感覚は
この本と一緒ダ\(^o^)/

カンタン!タティングレース

思えばこの本もアップルミンツ
そうなのだ
アップルミンツの本は皆、ペラくて高い

(内容は常に独自路線を突っ走ってるから面白いんだけどねフォロー(・∀・)フォロー)



さてと
パラ見で少々ガッカリしつつも買って参りましたこちらの本

作品数はタイトルは「70」とありますが
実質数はその半分以下
同一パターンでもピコ有り・ピコ無しで2パターンとカウントし
更にブレスレット・ピアスで2パターンの計4パターンと相成ります

まぁタティング本ではよくある手口だけどねw
(でもね、「ジグザグ」のパターンはやりすぎ)
(キリよく70パターンで揃えたかったのはわかるけどもね)

パターン自体は良くあるものだったりするけれども
その組合わせ方やバランス、ピコを廃してキッチリ編む手法などで今様を感じさせる作風に昇華

グラビア写真は綺麗
かっちりくっきり撮ってあるので”目”を見たい需要にも応えてくれる
ただどうもサンプル作品はJanおじさまメソッド(=ずっと表のターン?)で作ってあるようなので
作例で表裏を見たい(進行方向の確認のため等)自分は逆に困った
売り物としてならキレイでいいんだけれど、本はそういう見方をする場合があるのよねん


編み図は―――とても分かりにくい
もはやタティングのアップルミンツ本の伝統芸になりつつある/(^o^)\
特に目数は異様なほど読み取りづらい

また作り方の説明文は基本無し
たまに「作り方ポイント」として書かれている部分がある程度で
見辛い度MAXの編み図を説明なしで編み進めるのはちょっとした修行だ

ダブルステッチ=DSといった略号多用も辛い
「CBを作ったらAのシャトルで始める」って何のことか分かる?
「クロッシェボールを作ったらAのシャトルで始める」ってことなのよ
そこまで略す必要あるのカナ…


使用糸は全て、オリムパス 金票 #40
必要糸長がちゃんと書いてあるのは珍しく、大変うれしい
(レース)針の指定もあって「?」だったんだけれども
これはCB(クロッシェボール)部分のお話のようです


×××××


さてさて
ここまではキツいことばかり言ってきました

ただこういう本を何冊も買って、作って、分かったことがある
それは


実際に作ってみなくちゃ

本当のところは分からない



ってことで
作りました


・47 シャボン玉



……この本の良さというか真の部分がちょっと見えたかも


一見単純に見えるモチーフですが
中の小さめリングの外周をチェインではなく
一回り大きなリングを重ねて作る手法になっています

聞き慣れた言い方だと
「オニオンリングをリングのみで作る方法」で合ってる…かな?

で、普通にリング→リングと移って作ってもいけるところを
この本では一手間かけます

この辺りのことをP.44の「重なるリングを作る」で大きくページを使って説明があり
イラスト、そして手順写真、2方向からのアプローチで説明をしてくれているのに
空前絶後に分からないwww

どうしてここまで分かりにくいんだ
芸術か⊂⌒~⊃。Д。)⊃


結局1時間悩みまして
「途中で持ち替える」という手順が混乱の元であると気づきました
最初から回転させてから糸を絡げた方が自分にはよほど分かりやすく楽デシタ
そして散々悩まされましたが最終的に、この一手間は、良い一手間でした(・∀・)

以下個人的覚書
テキストでは「全体をひっくり返す」と書いてあるけれど、これだとリバースワーク(RW)的に編み地を表裏で裏返すという風に解釈されてしまうため不適。P.57の編み図を見ても内側のリング→外側のリングに移る際、編み進める方向を見てもRWはしていない。なので「横方向に180°回す」という意味なのだと自分は判断した。理解が間違っていたらゴメン

結局この一手間は、リング→リングに移る際何もしないと繋ぎの部分がプラプラになるのでしっかり留めるために繋ぎ部にくるりと糸を一巻き絡げておきましょうということなのだと思う。実際一手間かけた方はプラプラせずしっかりして良い仕上がりになったし。なので最初から何故そうするのかという理由を一言書いてくれればこんなに悩むことはなかったと思う。でも根本的に間違っていたらゴメン



そして「1つのピコに重ねてつなぐ」(P.44~45)
これには、二度、唸らされた


まず一つめ
いわゆる「重ねつなぎ」と言われるピコつなぎの一種を説明してあるのだが
内側リングの途中で作るピコを大きめに作る
→外側リングの編み途中で大きめピコに「重ねつなぎ(編み糸を引き出してピコつなぎ)」する
→その直後につながれた1段目の大きめのピコの頭をシャトルの角で外側リングの外にぴょろっと出しておく!※point

重ねつなぎというと単に編み糸を引き出して~の、のピコつなぎテクニックだと思っていたけれども
このアレンジテクだと大きめのピコにしておき更にピコの頭を引き出すことで
次の段や次のモチーフとつなぐことのできるピコとしても再利用できるってー訳だ
どうだ凄いだろう


以下個人的覚書
これはかなり応用範囲の広いテクニックではないだろうか。たとえば「公爵夫人」の中央の花とかで、チェインだったりシャトルつなぎだったりして状況は色々違うけど
・前の段とつなぐ→その後すぐに次の段とつなぐ用のミニミニピコを作る(1目カウント)
という2段階が
・前の段とつなぐ用の大きめにしたピコにつないでからピコ頭を引き出しそのままGO!(0カウント)
とかも?? 全然違ってたらゴメン


二つめの唸りポイント
二重のリングが出来たら次のリング作成に移るのだが
次の内側リングはスプリットリング(SR)で作る

そして普通ならぴったりと寄せてSRを作り始めるところを
あえてすき間を空けて作り始める
―――何のために?

それは後に外側リングを作っていく途中でこのすき間をピコとみなし
「重ねつなぎ」で外側リングを固定しつつ
あくまで「重ねつなぎ」なので芯糸が固着せずリングも締められて
なおかつすき間部分に外側リングの一部がハマり込む形になるため見た目もスッキリし美しい
なんと三度美味しいお話

うーん面白い


こうしてテキストとにらめっこ&今までの教本&インターネッツwの3面展開で
何とか出来上がったのがコチラ

※再掲

リングや目が揃ってないとか引きすぎてる等々そんなことは分かっている
でも大分マシになったというか何となくリングの理屈が分かってきたかもしれない



【 買ってみて・作ってみておもったこと 】

・見るのとやるとじゃ大違い
・独自のアレンジを加えたテクニックが各所にちりばめられてますよ
・またそのテクニックをちゃんと見せてくれてるのが良い。大変良い
・(´-`).。oOちょっと分かりにくいけども門外不出とか一子相伝でないのはホントいい…
・ページ数、作品数に対して価格が見合ってないと最初は確かに思っちゃうけど
・テクニック込みならアリ
・編み図は分かりにくいし見づらいし説明ないしで分からせる気あるのカナ?と思う部分は正直多い
・でもこれがAMの仕様だから(震え声)
・あと、本を出すのに急ぎすぎたのかなとも思った
・まずは本を出すということが目標になっていたような…
・多分著者さん的に本来の力は30%も出せてないんじゃないかな
・もっと萌えるデザインやテクニックをお持ちの方なので
・次の本はもう少し時間をかけて欲しい
・100%出力の本待ってます


×××××


拍手ありがとうございます♡
では拍手コメントのご返信です~!


Kさん、こんにちは~!
いや~ホントに”なんだか”難しくてちょっと消化不良かもよ~(´- `*)
メキッキとタティングは全く逆のことをすることになるので同時進行は相当厳しいですよね~←自分がなかなかメキッキをやれない理由として主張したいw イーネオヤは永遠の憧れです(*´д`*)
ちょいと何かに悩みかけてた自分にとって、今回のKさんのコメントはすごくいいタイミングでした。励まし&尻たたきありがとねー♡( ´∀)人(∀` )♡

拍手[24回]

~ 事のはじまり ~

テキストに
5個めのブリッジを編んだら、1個めのリングの根元につなぎます。
と書いてあったのをチラっと見たワタクシ
 ↓
「おう、チェインは根元につなぐんだな。全部。
「つないどかないとプラプラしちまいそうだからな。おk
 ↓
お得意の早トチリ(ノ∀`)アホタレガー


×××××


ところでモックリングについてなんですが
・チェインの途中で作られるチェイン製リング = モックリング
であって
・チェイン製のリング = モックリング
ではない??

自分は
・チェインをリングに擬態させた物 = モックリング(?)
というホンワカ認識がありまして
ただそうするとチェインで作ったハートとかもモックリング扱いになっちゃうわけで


2011.9.19記事 ハートのドイリーb 1(完) より


これをモックリングだと思ったことは

自分は一度もないわけよw

なにそのダブルスタンダードw


まあその辺のことは置いといて(っ'-')╮=͟͟͞͞< MR
チェインを一々繋がない本来のやり方で作ってみよう(^o^)ゞ



×××××



……きこえますか……きこえますか……

……今…あなたの…心に…直接…呼びかけています……

……ここは……赤裸々…レース……

……赤裸々…が……当ブログ…の……本…懐………

……面…目……躍…如……………







   か 

      ら





\(゚∀゚)/バッ






酷いのキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!


頑張ったんだけどね
ダメでしたん


でもいつも通りといえばいつも通りw
特段の感慨も無くこの有様を受け入れ、粛々と外周を付けていきました
(外周を付けるとうねりがマシになるのが救いなのよ)


はい出来上がり~

右の → 旧型
左の → 最新型(笑)



うねうねシスターズ



<作成各種データ>

使用糸
ダルマレース糸 #40 紫野 色番06(桃色)
・ダルマレース糸 #40 紫野 かすり 色番61(淡マルチ)

必要糸長
・シャトル(単色/桃色) 2.5m ーーー 糸玉(かすり/淡マルチ)80cm
                  ーーー 糸玉(単色/桃色)1.8m 

所要時間
結局2時間⊂⌒~⊃。Д。)⊃

完成サイズ
・直径4.4cm 


【 作ってみて思ったこと 】

・花びら(総苞)5枚でできたー
・ハナミズキの総苞は4枚なのだが
・同テキストのパンジーのネックレス&イヤリング 1を作ったときからそこら辺は気にかけるところではないなと
・先生の作風は元々写実性を旨とはしてない訳だしね(・∀・)
・今回、花びらの内側リングと外側チェインの隙間が多めになったけど
・重なったりはみ出たりするよりは良いかな(´- `*)←激甘判定
・色は一応ベニハナミズキってことで
・今回の学習ポイントは
・①内側のモシャモシャチェインを一々繋がない
・②大きいリングを綺麗に作る
・でした
・①のお陰で手間は半減、繋がなくてもプラプラせず、ガチで必要無かった一手間×5でした\(^o^)/
・問題は、②
・結果から申し上げると出来ませんでした
・まあ出来なかったものはしょうがない\(^o^)/

・手プレスしてちょっとうねりを押さえてみた状態
・あとはアイ○ン様だ(・∀・)カモン!


×××××


これは先日の出先で咲いていたハナミズキの近縁種ヤマボウシ
ハナミズキより線が細く清楚。茶花によさそう



×××××


拍手ありがとうございます♡
では拍手コメントのご返信です~!


Iさん、こんにちは~!
ハナミズキは編み図だけ見ると簡単そうなのにね~⊂⌒~⊃。Д。)⊃
自分的には無理して2色使いで頑張って「ハナミズキ」が嫌いになってしまうくらいなら1色使いver.でいいや~という結論になりそうです(ノ∀`)

拍手[16回]

ハナミズキの花がムズカシメンドウすぎて
「ネックレス&コサージュ」なんてとても無理


どうにかして楽に出来ないか……


てことでまずは
「チェインをリングに見せかける」のをヤメることにした

つまり「ALLリング製」を目指すのだ(^o^)ゞ


目指した、結果

あーこれは駄目なやつ(確信)


多分オールリングでもやれないことはないんだろうけれども
そのままでは無理があるのが分かった(特に最外周)

目数を調整していけばもしかしたら出来るかもだけど
思うような形にはならない予感が有りすぎるので
これ以上深追いしないことにしたw

ついでなので「ALLチェイン製」についても考えてみたが
ALLリングを遙かに上回りそうな危険な香りしか漂ってこなかったので以下略


そんな訳で
困ったなー何とかならねーかなーと若干荒む自分w

そんなとき何気なくテキストで同じハナミズキモチーフを使用している
「スイセンとハナミズキのドイリー」(p.28~29)の
「ハナミズキ」部分の編み図(p.80)を眺めていたところ


 えっ これ 作り方 違います よね ?


よくよく見ると「こっちのハナミズキ」は普通に「シャトル-糸玉」だけで出来て
内側のモシャモシャもごく普通にリングで作っていることが判明


あらっ、これは分かりやすくてイイじゃ~ん(≧▽≦)


と、途端にゴキゲンになった自分(^o^)ゞ
早速つくりますよー(≧▽≦)ワーイ
 
出来たー(≧▽≦)
やっぱりこっちの方が簡単だし形も作りやすいー!


じゃあ前に作ったハナミズキと並べてーっと


あれ?
花びらの数が
チガウんですけど
チガウんですけど
チガウんですけど


またかー⊂⌒~⊃。Д。)⊃



<作成各種データ>

使用糸
・Lizbeth(リズベス) #20 MIX糸 色番168(Latte Foam)

必要糸長
・シャトル3m-糸玉2.3m
 ※ただし花びら(総苞)を6弁まで作ってしまったので参考にしてはならぬ

所要時間
♡1時間♡

完成サイズ
・直径4.5cm 


【 作ってみて思ったこと 】

・言えること
・それは「断然作りやすかった」ってこと
・あとは中央のもさもさ部の風合いがかなり違ってきたのが意外だった
・チェイン製→ふわっとばらつく感じ。ある意味自然体
・リング製→かちっと立ち気味。これはこれで
・今回5弁でいいところ6弁作ってしまったが
・裏を返せばそれだけ作りやすかった、作っていて楽しかったのだ
・―――ということにしておこうw
・わりかしきれいめに出来たしさ(たまたまかもw)
・ただし「ハナミズキのネックレス&コサージュ」の「ハナミズキ」は
「白糸×MIX糸が超可愛いんですけど~♡♡」がウリなので
・一色で作る「スイセンとハナミズキのドイリー」の「ハナミズキ」は分が悪い
・けど―――私は作って思った
こっちのハナミズキもクールでカッコいいッス!!さすがッス!!


×××××


で、もっかい「ハナミズキのネックレス&コサージュver.」で作ってみた(※右の)けど
やっぱりめんどかったし、益々うねった(ノ∀`)

ちな使用糸は
・Lizbeth(リズベス) #20 単色 色番602(Natural)
・Lizbeth(リズベス) #20 MIX 色番115(Springtime)


そしてまた弁の数を間違えた(どうしても偶数で作りたくなってしまうらしい)


実際のハナミズキもうねうねした花だからうねうねしててもいいんじゃないかな(暴言)



……
………


と、ここまで自分はある意味やり切ったw

そしてようやくハナミズキの記事をUPしはじめた訳です
(なので前回記事の「30目リングのコツ」はまだ試していない段階)


だ が し か し


先日のさちんさんの記事
ミニドイリーとハナミズキの花弁の謎
でご指摘いただきようやく気づいたコトが


それは


”内側のもしゃもしゃチェインは

一々繋がなくていいのよ”




まじかーーーΣΣ(ФДФ;;)



(つづく)


×××××


拍手ありがとうございました♡

拍手[16回]

草花を編むタティングレース / 藤重すみ:著 より

・ハナミズキのネックレス&コサージュ

 ※但し作るのは「花」のみ(ノ∀`)


×××××


少し前に

”ハナミズキは挫折しました(´;Д;`)”

というコメントをいただきまして
どんなものなんだろう?と編み図を見てみたのですが

……ん? んんんんーー???

 → うん、確かに難しそう(ノ∀`)

シャトルは1つなんだけど糸玉は2個必要とか
シャトル-シャトルの2シャトル使いにも多分できない?とかで
これは”んむむ案件”だわね~


チャレンジするにあたってはまず構造を理解する必要があったので
練習糸であーでもないこーでもないとごちゃごちゃ

(根本的に理解できてないのがバレバ~レw)



このモチーフのポイントは
「リングに見えるけど実はチェインなの///」な部分

それじゃあ君はモックリングなの?って事になるけどなんか違う気がスル

そもそも自分はモックリングの事自体よく分かってないのよね
MRとSCMRの違いも未だ分からない訳だしさ(ノ∀`)


でもごちゃごちゃ言っててもしょうが無いので
頑張って一通り作ってみました

出来た


……
………けど

出来たのは元気にのたうつ花w


テキストはもちろんのこと
さちんさんもとてもビューティフルに作ってらっしゃるから
今これを出すのはどうなのよ(*ノωノ)


<作成各種データ>

使用糸
・ダイソーレース糸 #40 単色 色番1(ホワイト)
・ダイソーレース糸 #40 MIX 色番51(パステル)

必要糸長
・シャトル(単色/ホワイト) 2.5m ーーー 糸玉(MIX/パステル)80cm
                    ーーー 糸玉(単色/ホワイト)1.8m 

所要時間
驚愕の2時間

完成サイズ
・直径4.4cm 


【 作ってみて思ったこと 】

・おうめっちゃ難しいぞこれ
・最初の花びら(正確には総苞。花びらではない)の内側の大きなリングを作るとこから難易度高し
・ここでどーしても芯糸を引きすぎてリングがグネグネになるのが自分でも嫌すぎる
・でも芯糸引かないとリングが閉じないしさぁ
・ずっとこの相反する問題に悩んでんだよねーフウ
・次の内側のモシャモシャ(実はここが花弁。しべではない)を作るのも大変でなぁ
・わしゃわしゃさせとくだけなら簡単なんだけど
・リング風にするために根元で繋ぐ作業×5が面倒なのさー⊂⌒~⊃。Д。)⊃
・そして花びら(総苞)の外側部分も作るだけなら簡単なんだけど
1段目と繋ぐ作業×5ホントにホントにホントに面倒\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
・そして2時間かけて出来たのがコレとかもうね…
・可愛いんだけど精神と時間をゴリゴリに削ってくれるこちらのお花
・もっと楽にできる方法ないかなー(´- `*)ンンンー



……と書いていたら
スペシャルグットタイミングでこちらの記事が!

タティングレースのことばかりになりました。 / 海東麻井さん の

□ 30目のリングのコツ


実はブログ主の海東麻井さんは
今度出るこちらの本の著者さんなのです


そしてこちらの本で30目のリングを作る部分があるため
ブログ記事でそのコツを書いてくださっています
てか”コツ”のレベルじゃないよ!!ΣΣ(ФДФ)!!


正直めっっっっちゃ有り難い!!!


自分のリングにおける悩みが
かなり解消されそうな予感がばりばりしてます


×××××


拍手ありがとうございました♡

拍手[15回]

プロフィール
HN:
関ララ

当ブログはリンクフリーです♪

でも画像・文章の丸コピペ・改変UPはやめてね♡

拍手嬉しい♡

コメント返信不要の方は
その旨お書き添えください♡
コミュニティ
ツリーカテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 6 7 9 10
11 13 14 16 17
18 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
メールフォーム
※約1,000文字まで送信可能
※名前、メアド、URL欄は未記入OK
バーコード
フリーエリア
フリーエリア
PR
PR
忍者ブログ [PR]