忍者ブログ
タティングレースの記録。 初心者の備忘録なのでひどい出来のものも多々。
タティングレースのちいさなドイリー  / 北尾惠美子:著 より
・「スパイラル 3」


使用糸は
・DMC セベリア #30 ECRU 50g玉


×××××


ちいドリ本初の2シャトル

写真は上げてないけど事前に練習糸で軽くやってみたのと
パターンが似た感じの「スパイラル 2」をやってたお陰で
特に詰まることもなくすいすい行けて良い感じ(≧▽≦)


途中経過
同じパターンのブレードを7本中央で繋いでいくスタイル


そうそう、今回は糸玉収納に
紅茶葉の空き缶を使用してみました

今までのジャム瓶だと
流石に50g玉は入らないんだよねぇ~


あともいっこ
今回のように糸をチョビチョビ切っては使うパターンの場合
シャトルにMAX巻くようなケースが少なくなってくるので
シャトルに土台用の糸を巻いておいて土台糸と本番糸の糸端同士を結んでから
本番糸を巻き付ける方式を取ると結構良い具合

こんな状態のシャトル、君の家にもあるよね(・∀・)?

なにが良いかって言うと
「シャトル糸を出すor巻き戻す時のカチカチ回数がかなり減らせる」点

土台を巻いておくとその分1カチで出せる糸の長さが長くなって
サラのシャトルだと例えば12カチ必要なところを
土台ありだと8カチ程度で済ませることができるんよ

で、これが結構馬鹿にならない

タティングレースで無駄だなーと思う時間って
シャトルから糸を出したり入れたりしてる時間で
個人的にこれがダントツトップなんよね

カチカチカチカチうるさいし指先が擦れるし手首も微妙に痛くなるし
何より生産的な動きじゃないのが好きじゃないのさー



―――と愚痴りながら、完成!

思ってたよりでっかくなったわー!


<作成各種データ>

必要糸長
 Aシャトル3m-Bシャトル2.3m × 7回
 なかなか丁度な糸長が出せなくて苦労したは…
 
所要時間
 1パターン 1時間
 全パターン 7時間

完成サイズ
 MAX幅で16.5cmくらい
 テキストでは15cm


【 作ってみて思ったこと 】

・個人的に目数が覚えやすくて作りやすかった(≧▽≦)
・順番的に新しく出てきたテクとしては「チェインの上にリングを作る
・このテキストではP.35の「ダブルシャトルの編み方」で説明あり(初心者が分かるかどうかは別)
・作る際の注意事項は特段ありませんが
・前のブレードと繋ぐときに繋ぐブレードが捻れてないかしっかり確認したほうが良いでしょう(涙)
・それ以外は特に事故も無く終わりました
・けど……全体的になんかガタガタしてる\(^o^)/
・テキストサンプルはもっと綺麗なカーブを描いているんだけど
・自分のはカーブの内側に並ぶ双葉リングがすごく窮屈で居心地悪そうなんだよねぇ


作ったドイリーと糸玉の現状 3

糸玉の横巻き糸が無くなった!ヽ(゚∀゚)ノ


×××××


拍手ありがとうございました♡
返信不要の方も! ありがとうございました(≧▽≦)人(≧▽≦)

拍手[14回]

プロフィール
HN:
関ララ

当ブログはリンクフリーです♪

拍手嬉しい♡

コメント返信不要の方は
その旨お書き添えください♡
コミュニティ
ブログ内検索
ツリーカテゴリ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 5 6 8
9 10 12 13 15
16 17 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メールフォーム
※約1,000文字まで送信可能
※名前、メアド、URL欄は未記入OK
フリーエリア
フリーエリア
PR
PR
忍者ブログ [PR]