忍者ブログ
タティングレースの記録。 初心者の備忘録なのでひどい出来のものも多々。
「タティングレース 新しい世界 - A new approach to Tatting -」 / 聖光院有彩:著
・「タティング・バッグ」


使用糸は
ダイソーレース糸 #40 ベージュ


AシャトルMAX(12m)-BシャトルMAX(12m)でスタート。

※テキストでは「シャトル-糸玉」の指示だが
ここでは2シャトルにして途中スプリット・リングやブリッジングを多用し
なるべく糸を切らないで行きたいというのが今回の目標。


×××××

 
中央の花
~1段め
~2段め
~3段めの途中まで。

まだまだ糸に余裕はあるが
途中経過として撮った。


中央の花~1段めへは
中央の花の最後のリングをスプリット・リング製にし
1段めの最初のリングもやはりスプリット・リング製にし
糸を切らずに繋げた。

また1段め~2段めは
1段めの最後のチェインをブリッジング製にし
2段めの最初のリングをスプリット・リング製にし
やはり糸を切らずに繋げた。

2段め~3段めも同様に。
ただし2段めと3段めのピコでの繋がれ方が若干イレギュラー気味なので
ブリッジングを始める位置を間違わないようにやや注意が必要。
またブリッジングはなんのかんのでメンドーなので
なるべくブリッジング作業が少なくて済むようなスタート位置にするとよいだろう。

それと今回は「ずっと表のターン!」になるようにしたかったので
リングは通常、チェインは逆順(裏目→表目→裏目→表目…)で編んでいったのだが
そうすると当然ブリッジング部分も逆順でやる事になって
余計な苦労を散々するハメになったことを付記しておく(^o^)



早くもブリッジングが嫌いになってきた。
3段め終了。

お椀になってキター。

あれぇ?と思ったけど
今回はモノが「タティング・バッグ」で
丸いレース糸玉を入れるわけだから
元々お椀型になるような設計になっているのかも?
―――と思うことにした。

結局違ったんだけど。




疑惑と期待を胸に。
4段め終了。

お椀どころじゃなくなった\(^o^)/


実は今段(4段め)、
ガチで間違えました。



具体的には
前段(3段め)の「2・1・3・2・1・3…」の順のピコと繋いでいくべきところを
テキストをロクに確認せずに「2・2・2・2…」と繋いでいってしまった。


ええ。
こんなようなことが
以前にもありました。


華麗に リタイア    





多く作りすぎたり
少なく作りすぎたり
しかも一周するまで気付かないとか



馬鹿?
馬鹿なの?
馬鹿なんだよね?





どっちみち糸玉(ダイソーの20g玉)は
入りそうに無かったんだけどさー


入れ物としての適性は



ないですねー/(^o^)\


これも需要ないっすよねー/(^o^)\



<ここまでの作成各種データ>

使用糸長
・AシャトルMAX(12m)-BシャトルMAX(12m)でスタートし
 4段め終了時点でAシャトル1.5m弱の残-Bシャトル1.5m強の残

所要時間
・中央の花~1段め~2段めまで:1時間30分
・3段め:2時間
・4段め:2時間

完成サイズ
・直径約7cm×高さ3.5cm
・本来このパターンに「高さ」なんて数値が出てきてはイケナイのだよ


×××××


拍手ありがとうございました(≧▽≦)

拍手[29回]

プロフィール
HN:
関ララ

当ブログはリンクフリーです♪

でも画像・文章の丸コピペ・改変UPはやめてね♡

拍手嬉しい♡

コメント返信不要の方は
その旨お書き添えください♡
コミュニティ
ツリーカテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 6 7 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メールフォーム
※約1,000文字まで送信可能
※名前、メアド、URL欄は未記入OK
バーコード
フリーエリア
フリーエリア
PR
PR
忍者ブログ [PR]