忍者ブログ
タティングレースの記録。 初心者の備忘録なのでひどい出来のものも多々。
タティングレースにおいて意外と必須なレース針

使用糸に応じて号数を変える必要があります


×××××


現在持っているレース針

見事にバラバラ(笑)


号数(mm数)つけてみた


一応書き上げておくと
左から
・クロバー レース針 「ペン-E」 6号(1.00mm)
・ダイソー レース針 3本セット の 6号(1.00mm)
・ダイソー レース針 3本セット の 8号(0.90mm)
・ダイソー レース針 3本セット の 10号(0.75mm)

・マンセル レース針 12号(0.60mm)
・クロバー レース針 「ペン-E」 14号(0.50mm)
・LACIS  レース針 16号(0.40mm)
・チューリップ レース針 25号(0.35mm)


一般的な手芸店(実店舗)では
あってもせいぜい12号ないし14号まで。
それ以上細いのになるとよほどの専門店かネットに頼るしかないカンジです。

あと
レース針に対応する糸ですが
自分の場合はだいたいこんなカンジです。

・6号  (1.00mm) → #20、#30
・10号(0.75mm) → #40
・12号(0.60mm) → #40、細め#40
・14号(0.50mm) → #70、Lizbeth#80
・16号(0.40mm) → ダルマ#80、DMC#100
・25号(0.35mm) → (今のところ出番無し)

繰り返しになりますけど「だいたい」ですから。

でもって
最も細い25号(0.35mm)は
#120とか#160とかでやっと出番が来そうなくらいの極細針。

てことで殆ど使っていないんだけれども
なぜか持ち手の印字が早々に消えかけているのが悲しい。


(もともとはこんなでした。)


そしてクロバーさんの「ペン-E」も印字タイプなので
共にハゲつつあります/(^o^)\

できれば刻印タイプにして欲しいところ。


(真ん中のみたいなのね。)

あとキャップが緩い&紛失しがちなのもなんとかして欲しい。
真ん中の細いシンプルタイプのだとお尻側にもキャップをはめることが出来るから
失いづらくていいんよ。


タティングだとレース針をずっと持ってやるわけじゃないから
自分は持ち手にはあんましこだわってない。

そう重要なのは先っちょですよ(・∀・)


UP

左から
太~細の順。

メーカー毎で多少形状等の違いはあるけれど
どれも特に問題なく使えてます。


でもイチバン使うのは「シャトルの角」


\(^o^)/



×××××


拍手ありがとうございます。
では拍手コメントのご返信です~!


Kさん、こんにちは~!
買うだけ買ってそのままの糸、いっぱいありますよねー!ヽ(^o^)人(^o^)ノ
お、4巻全部ありましたか。読むのに結構時間がかかりますのでゆっくりお時間が取れるときが良いと私も思います!


Nさん、こんにちは~!
やたっ! Nさん越え! でも40パーオフで買えるとしたら…買うしかないっしょ?!
ディアマント様はまだ一度(しかもほんのちょこっと)しか使ったことがないんです。だってお高いんだもん(笑)。
で、やっぱり問題は白糸なんですね!! 太い?? またか~(ノ∀`)
でも白糸だけ見るからに別な糸に見えましたからそういう意味でも「やっぱり」です(・∀・)

拍手[19回]

プロフィール
HN:
関ララ

当ブログはリンクフリーです♪

でも画像・文章の丸コピペ・改変UPはやめてね♡

拍手嬉しい♡

コメント返信不要の方は
その旨お書き添えください♡
コミュニティ
ツリーカテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 9 10 12 13
14 16 17 19
21 22 24 25 26 27
28 29 30 31
メールフォーム
※約1,000文字まで送信可能
※名前、メアド、URL欄は未記入OK
バーコード
フリーエリア
フリーエリア
PR
PR
忍者ブログ [PR]