忍者ブログ
タティングレースの記録。 初心者の備忘録なのでひどい出来のものも多々。
タティングレース(CreAtorクリエイター06)

聖光院有彩・藤戸禎子・高嶋寿子・後藤智子・森久律子
島崎須美恵・高嶋妙子・加藤慶子・杉田久代・寺地優香
※いずれも敬称略

出版社 : 亥辰舎(いしんしゃ)
発行日 : 2013年5月14日(奥付より)
定価  : 1800円+消費税

A4ワイドサイズ
88ページ(うち44ページがカラー)
カバー・帯付き
約550g


【 H25.6.6追記 】
 こちらの本の正誤表が出版元の亥辰舎さんから出ています
 ・亥辰舎BOOK(※外部サイトに飛びます)
 ・PDFファイルはこちら(※同上)
 初版、第2刷をお持ちの方はご注意よ~




IMG_1400.JPG





来ました! 出ました!
そして色んな意味でヘヴィーだった…!

日本タティング界を代表する10名のタティング作家さんが
それぞれの持ち味とテクニックを惜しみなく出された、本。

ああ、重い……



×××××



「販売」ではなく「頒布」とした方がしっくりくるこちらの本。
そして商業性から解放された本ほど恐ろしいものはありません。

A4ワイドサイズなのに、紙面は画と字と図でびっちり。
先生ッ! 空白が殆どありませんッ! 字が細かいですッ! 先生ッッ!!
これだよこの密密感! 高揚する…ッ!


前半のグラビアページは実にクリアです。
そしてずずいと作品に寄って見せてくださいます。
ありがとうございます。ごちそうさまです。

後半は編み図およびその解説が続きますが、これがまた濃い。
そしてこれはこれらを理解することができない己の不出来を知ることにもつながっていきます。
しかし全てはそれぞれの先生方が数十年かけて培い慈しんできた結果なのです。
一朝一夕で真似できる方がおかしい。


いずれも個性豊かな10人の先生方。
中には好みに合わないものもあると思います。
でも2度3度4度と見ていくと「あれ…? これ…良くない?!」となっちゃうのです。ふしぎ。



細糸白糸であくまでもクラシックに徹する
でも色糸ミックス糸もいいよね!

石とビーズで埋め尽くした重厚なアクセサリー
リボンを用いればタティングレースはもっともっと軽やかになれる

異なる素材・異なるテクニックとの相性が良いのもタティングレースの利点
高嶋タティングの愛らしさには―――やられたぁ!

繊細な絹糸を自在にあやつる確かな技術
高度なタティングテクニックをこれでもかと詰め込む
そして全体に通じるは和の薫り



×××××



この本にはこんな帯がついておりまして。

IMG_1403.JPG

本の出版を記念して、タティングレースの展示会を行うそうなのです。

出版元の亥辰舎(※外部サイトに飛びます)さんのサイトでこのイベントの開催チラシを
原寸大?でじっくり見られますので、是非確認してみてください。


(一応要点だけ書き出しておきます)

タティングレース(CreAtorクリエイター06)出版記念
タティングレース展

開催場所
 日本橋高島屋7階 クロスロード7

開催日時
 2013年5月15日(水)~21日(火)
 10:00~20:00(最終日は16:00まで)

展示内容
 タティングレース(CreAtorクリエイター06)掲載作品の展示
 キットや作品の販売
 出品作家が来場し、会場でデモンストレーションもご覧頂けます



行ける人は行くべし。


拍手[22回]

プロフィール
HN:
関ララ

当ブログはリンクフリーです♪

でも画像・文章の丸コピペ・改変UPはやめてね♡

拍手嬉しい♡

コメント返信不要の方は
その旨お書き添えください♡
コミュニティ
ツリーカテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 6 7 9 10
11 13 14 16 17
18 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
メールフォーム
※約1,000文字まで送信可能
※名前、メアド、URL欄は未記入OK
バーコード
フリーエリア
フリーエリア
PR
PR
忍者ブログ [PR]