忍者ブログ
タティングレースの記録。 初心者の備忘録なのでひどい出来のものも多々。
「すてきなタティングレース ~3ステップでここまでできる」 / 盛本知子:著 の
『STEP3 スプリット編みを使って』 より
・「はなやかなコースター」 


使用糸は、
・ダルマレース糸 #80 色番03(ベージュ)
・ダルマレース糸 #80 色番07(水色)



先回は巻くとこまででしたね。
IMG_1211.JPG


1~2段め終了。
IMG_1217.JPG

お椀になっちゃった\(^o^)/

でも原因は分かってる。
1段めのロングピコが長すぎたの。

手持ちのピコゲージで5mmより小さいのがなくて、
でもものぐさして、その5mmを使っちゃったのが良くなかった。
※この糸だったら4mm、いや3mmゲージが適当だったと思われる。


でもほどくのは嫌だし無理だし、かといってやり直す気もない(爆)。

強行\(^o^)/



―――さあ、気にせず行くよ!(←から元気)

3段めは2シャトル。そしてジョセフィン・ノット。
そう、あの「ジョセフィン・ノット」
細糸の大敵「ジョセたん☆彡」


覚えておられる方もいらっしゃるかもだが
自分は以前DMCコルドネスペシャル#70で酷い目に遭い見事トラウマ化。
細糸への苦手意識はここから芽生えたと言っても過言ではない。

※トラウマ発生の経緯はこのあたり→記事1記事2


しかしながら今回!
私はこのモチーフを【あえて】選んだ!!

つまり私は、我がトラウマ一掃のため立ち上がったのだよ!!!





| |д・) …


| |д・) …


| |д・) ……デキタノ?





できましたぁぁぁ~+:.゚(*´∀`)゚:.+゚





証拠提出。
IMG_1233-1.jpg
(そこ! いびつとか言うんじゃない!)


できた! できたよぉ~!


ていうか 糸が凄い!


撚れない~全然撚れない~

超細い~驚きの細さだわ~


なのに 撚れない!!




興奮しすぎて全体図のUPを忘れる(笑)。
IMG_1224.JPG
THE☆ちっこい。



比較その1 ~同モチーフで~
IMG_1230.JPG
左 : ダルマレース糸 #80 (直径5.5cm)
右 : オリムパスエミーグランデ #20相当 (直径11.5cm)

色合わせてみたし///


UP。
IMG_1234.JPG
見よこの差を!



比較その2 ~細糸対決~
IMG_1237.JPG
左 : ダルマレース糸 #80
右 : DMCコルドネスペシャル #70

以前がんばってぐるぐるした「公爵夫人」の細糸ver.との比較。
※「公爵夫人」カテゴリはコチラ→


やっぱダルマの#80、めっちゃ細いわ。
DMCの方は#70とはいえ、もう次元が違うもん…。



<作成データ>

使用糸
・ダルマレース糸 #80 色番03(ベージュ)
・ダルマレース糸 #80 色番07(水色)

必要糸長
・1~2段め シャトル糸を2~3mくらい
・3段め Aシャトル(ベージュ)は3m、Bシャトル(水色)は測れず。でもAシャトルと同じ位な筈

所要時間
・1~2段め 1時間
・3段め 1パターン15分×12=3時間
・合計  4時間くらい

完成サイズ
・直径5.5cm



【 作ってみて思ったこと 】

・今回このモチーフを選んだ理由
・「散々作ったので作り慣れている」
・「コンパクトな中にも様々な要素が入っている」
・中でも「ジョセフィン・ノットが含まれている」ことが最重要ポイントだった
・この糸は捩れにくいと聞いて、トラウマ持ちとしては試さずには居られなかったのだ
・結果はご覧の通り
・こんな細い糸でこんなに編みやすいなんて驚くより他ない
・参りました


×××××


拍手ありがとうございます。
ジバコさんキタ――(゚∀゚)――!!!
残るレアコはAクロマさん手持ち&石持ち&専用曲付きで是非ヨロ――!!!
 
では拍手コメントのご返信です~!


Rさん、こんにちは~!
えへへ~ちょうカワイイでしょ~♪ はい~ドンドン作ってくださいねぇぇ♪←刺激刺激♪
今はコースターをお作りだったんですね~あらやだ自分もです~(≧▽≦)
ダルマの#80は想像以上に編みやすくて、すっごい細かったです…! DMC#100より細い…!!
えっ? また本が出る? タティングで? いろいろ?! ふぇぇ…最近のタティングは凄いよぉ…!


Aさん、こんにちは~! はじめましてっ!(かな?)
マステホルダーはこんな使い道もあるんですよ~、って自分も教えてもらったクチ(笑)。
実用性で行くと空き瓶の方に軍配が上がるんですが、ディスプレイ用品として素晴らしいポテンシャルを秘めた商品です!
おお~アイディアありがとうございます! ええ、よくシャトルは落としてます(ノ∀`)
ネイル用ジェルをシャトルの滑り止めにして使うと良いとのこと。でもUV硬化タイプだとUVライト?が必要? ―――あ、そういえば身内にネイリストがいました(≧▽≦) 今度聞いてやってみますね~! 


Aさん、こんにちは~!
わぁ~奇遇! Aさんも「スミレのドイリー」を作られてたんですね♪ 可愛いドイリーですよねぇ♪
自分は今回リズ様☆彡の力をお借りしましたよ♪ リズ様~(*´Д`)ハァハァ てことで今度はブレードタイプを色チver.で作ってみようかなと♪♪ 
れんげ畑に見えて良かったです~(≧▽≦) そして多く作りすぎたお仲間~(≧▽≦)ヤター!!(←


Kさん、こんにちは~! はじめましてっ!
いえいえ、昔の記事にコメント頂けるとまた格別です! ありがとうございます!
おおお?! アイロン用キーピングはアイロンをきちんとあててやらないと固まりにくいとな?! まじっすか?!
でも元々が「アイロン用」な訳ですし、加熱してやることは大切な要素だったのかも…!!
あとアイロンとスプレーを繰り返すことも強度UPに繋がるようで、いやはや貴重な情報をありがとうございます。
今後は「十分加熱」と「繰り返し」の2点に気をつけ、ますますキーピングしたいと思います(`・ω・´)ゞ


cさん、こんにちは~!
ダルマ#80はなかなか無いですよねぇ。でももう少し経ったら置くお店も増える!…ことを希望(ノ∀`)
このセリアの木箱は可愛いですよ!! しかもこれが驚くほど5g玉とジャストフィット!!
でもずっと入れておくと糸に塗料の色が移りそうなので、ごく一時的にしか入れてません(笑)。自分でクリア吹こうかな。
LizbethのMIXは萌えですよ~(*´Д`)ハァハァ そして最近はMIX糸同士の組み合わせに更なる萌えを見い出しました(*´Д`)ハァハァ


Aさん、こんにちは~! はじめまして!(かな?)
早速ですが「23 ドイリー」の「糸のからげ方」について。
テキストの図を見るとまるでケルティックのように見えますが物理的に無理、ということで別方向から。
さてこの渡し糸の内側からシャトル糸を下から引き出します。その引き出して出来たループにシャトルを通します。
あとは「シャトルつなぎ」をするときみたいな要領で、糸の長さを調整しながら糸を引き締めていき、イイ感じな所で、渡し糸同士をキュッとからげて留めます。
多分デカいピコにピコつなぎしたみたいな感覚になるかと。テキストと同じ形になるし、一応大丈夫だと思います。説明微妙ですがもしうまく行かれましたらご一報願います。


Kさん、こんにちは~!
わ~い、Kさんに褒めて貰った~+:.゚(*´∀`)゚:.+゚
お花色+葉っぱ色というベタな組み合わせなんですが、Liz様☆彡のMIXカラーで組み合わせると全く違った雰囲気に、そして色の馴染みっぷりにも大満足です~!!


Nさん、こんにちは~!
LizbethといえばMIX糸!ですよね(≧▽≦)
今回の使用糸は単品使いではぼやけてしまうような色でしたが、逆に言えば主張しすぎない色なので、他の糸と組み合わせやすくて大変宜しいのですっ!
ダルマ#80、使いましたともー!! ほんとにこの糸は編みやすい! MADE IN JAPANの底力(≧▽≦)
おっと新刊情報コチラからもありがとうございます、いや~ホントに出るんですねぇぇ!
ナニナニ「タティングレース 繊細で華麗な(仮)」、藤重先生の御本とな!
内容紹介のところに「弊社(日本ヴォーグ社)から出版して、絶版になった「かわいいタティングレース」、「やさしいタティングレース」2冊の本からセレクト…」とありますね。
でも「やさしいタティングレース」は雄鶏社の本じゃなかったっけ? 藤重先生のは「やさしくタティングレース」のはず…ていうか「やさしく」ってことは例の「もみの木」の載ってる本?! うわ~楽しみ!!
にゃんこさんは突然だったのですね…なんとお辛い…。もう1匹ねこさんがいらっしゃったのですね。ねこさんも寂しいね…。

拍手[19回]

プロフィール
HN:
関ララ

当ブログはリンクフリーです♪

でも画像・文章の丸コピペ・改変UPはやめてね♡

拍手嬉しい♡

コメント返信不要の方は
その旨お書き添えください♡
コミュニティ
ツリーカテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 6 7
8 9 11 12 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メールフォーム
※約1,000文字まで送信可能
※名前、メアド、URL欄は未記入OK
バーコード
フリーエリア
フリーエリア
PR
PR
忍者ブログ [PR]