忍者ブログ
タティングレースの記録。 初心者の備忘録なのでひどい出来のものも多々。
結果です。



まずは「ゼラチン」。
IMG_0491.JPG


“ んぱっ! ”



横からだとこんな。
IMG_0492.JPG


どうよどうよ。
「びしぃっ!」ってほどじゃないけど、なかなかのものじゃね?ね?


あと何よりね、

風合いがメッチャいい。


これだけ「んぱっ!」なのにすっごい自然体。
「固めた」っていうより「整えた」って感じ?
手触りもそりゃ多少固くはなっているけど、嫌な固まり方じゃない。
糸の風合いや光沢をそのまま保ちつつ、自然なハリを持たせた感じなんよ。

IMG_0517.JPG


今回ゼラチンで固めるという情報を下さったhさんは、クンストストリッケンレース(クンストレース)に使うと仰られていました。
残念ながら自分はクンストレースをやったことはおろか現物を見たこともないのだけど、web上で拝見したクンストレース作品は空気をたっぷり含ませて編んだような柔らかな風合いが印象的な、きっちり目のタティングレースとはまた違ったとても素敵なレースでした。



(以下は個人的覚え書き。)
・1袋(5g)に対し水100ccは濃すぎた
・基本のゼリー液よりちょっと薄めくらいがモチーフ固めにはよさげ
・今回も結果的にそれくらいの濃度になっていた気がする
・あとゼラチン液に漬け込む前にモチーフを水で濡らしておくと馴染みやすくなるそうです
・以上、hさんからの追加情報でした!
・基本濃度のゼラチン液なら常温でも固まらないので作業しやすいはず
・ちなみに凝固温度は20℃~15℃
・ところによっては10℃以下とも書いてあったりするわけだが細かいことはいい
・難点としては
・準備がめんどい
・そして乾きにくい
・(まだ乾かないなぁ)
・(固まる気配もないし)
・(ダメか? ダメなのか?)
・あきらめかけた、次の日!
・「んぱっ!」
・(*´д`*)アハァ
・ゼラチン萌え、はじめました




高らかにゼラチン愛を謳い上げたところで
次は「寒天」ちゃん。


そうそう、前回UPし忘れていた画像が。
IMG_0459.JPG
寒天液漬け込み作業ちう。

IMG_0460.JPG
早々に固まって参りました(笑)。


寒天は凝固温度がゼラチンよりずっと高いからねー。
もともと常温でも余裕で固まっちゃうレベルなのよねー。


ただそんなことより最も困ったのが


馴染む気配が全くない


ってこと。


モチーフが寒天液をはじくことはじくこと。
どんだけ指で突っついてもガンとして寒天液を受け入れようとしないモチーフさん。
ゼラチンのときは割と素直だったのにィ…。

とにかくモチーフさん的には寒天さんはどうしても嫌なんだそうで
そうこうしているうちに寒天液が固まってきてタイムアウト\(^o^)/

あ~今にして思えばモチーフを水で濡らしてからにすればよかったんだろうねぇ。
でもこのときは思いつかなかったんよ…以前Rさんにアドバイス頂いていたにもかかわらずorz



しかもこれだけ苦労してコレですよコレ。
IMG_0493.JPG
ぐねりんこ★彡


UPしますと、全体的に膜が張ったような非常に残念な―――
IMG_0518.JPG

もうハッキリいってしまえば 非常に汚らしい 。
労多くして功少なしってのはこういう事。


(個人的覚書。)
・もしリベンジするんだったらまず水で濡らせ。話はそれからだ


×××××


拍手ありがとうございます。
拍手の数で愛を数える。これっていけないことなの…?

では拍手コメントのご返信です~!


Rさん、こんにちは~!
またまた新たな固める情報をコイツに与えてしまいましたね(ノ∀`)
ただ乾かすのに2、3日もかかるそうなので、やるとしたらもっと暖かい時期ですね。その時にはついでにアレもやっちゃおうっと。ぬっふっふ。
蟻は…来そうですよね、ティッシュペーパーにも寄って来るヤツらが来ないわけがないと思います。


hさん、こんにちは~!
ようやく教えていただいた「ゼラチン」にいかせていただきました~!
ホント濃すぎで(笑)。結局適当な濃度になってしまったんですが、出来上がりの風合いに大満足です!
あと! ゼラチン液に浸す前に水に浸す! これ重要!ですね!
そのままドボンと漬け込んで「なかなか馴染まない(´・ω・`)ねー」のお約束をやっちゃいましたテヘ☆彡
端正な正円ドイリーはまさに夢。まずはピン打ち修行、そしていつかガイドが必要な程の大物を…!


Cさん、こんにちは~!
まだ固めてます(笑)。何故だか「固める」ことに妙にハマってしまって。
ボウル丸々一杯のゼリーにはお子さんも喜んだことでしょう! てか大人だって大好きよ!
カンターチ…どっかで聞いたことが…(ググり中)…お!エアゾールスプレータイプの洗濯のりなんですね~! エアゾールタイプは毛羽立ちのある糸には不向きですよねぇ。濡らして毛羽立ちを押さえてからならイケるかも…??
ボンドで固める作業は正直自分もおっくうですよ(爆)。始めてしまえば楽しい作業なんですが…。
プリンセスショール…Cさんのお優しい言葉に涙。ありがとうございます。


Qさん、こんにちは~! にゅ~るる~ん♪(←ご挨拶です♪)
爆笑(≧▽≦) Qさんちはいつも明るく楽しくにぎやかなご家庭だと確信しておりますが、そこにひとときの爆笑タイムもご提供できたとしたら嬉しい限りです(≧▽≦)
ゼラチンを使う方法は教えていただいたものですが、寒天は一応オリジナルです、っていうか一緒に埋もれてたのでやりました(笑)。
そして誰も寒天はやらなかった、あるいはやっても公表しなかった理由は…もうお分かりですね。
(-∧-)/Ωチーン


Cさん、こんにちは~! はじめましてっ!
コメントキタキターー!! いつも覗いてくださってありがとうです! よーし更新頑張っちゃうぞー!
モチーフを固めるのにゼラチンを使うと聞いたときは自分も「えっ!?」と思いました。でもジワジワと「……それもアリだな!」と!
「固めるシリーズ」はまだ続くので、よろしければこのまま見守っていてください♪ お便りも随時♪♪


Kさん、こんにちは~!
プリンセスショール…そう仰っていただけると段々よく見えてきた…かも(笑)。
ゼラチンにはさすがのKさんもビックリ!でしたか! ご心配されていたカビは水分がほぼ抜けてますので大丈夫だと思います。ただ黄変は…無いとは言えないでしょうねぇ…主成分がタンパク質ですから…。
まぁ黄変や劣化と言った問題は他の物を使った場合でも常について回ると思われますので、大切なレースには試さない!というのが大原則!!―――という無難なオチじゃ駄目ですか(汗)。
もし自分が10年20年30年後もタティングを続けていたら現状レポしちゃいますNE☆彡

拍手[24回]

プロフィール
HN:
関ララ

当ブログはリンクフリーです♪

でも画像・文章の丸コピペ・改変UPはやめてね♡

拍手嬉しい♡

コメント返信不要の方は
その旨お書き添えください♡
コミュニティ
ツリーカテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 6 7 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メールフォーム
※約1,000文字まで送信可能
※名前、メアド、URL欄は未記入OK
バーコード
フリーエリア
フリーエリア
PR
PR
忍者ブログ [PR]