忍者ブログ
タティングレースの記録。 初心者の備忘録なのでひどい出来のものも多々。
ちょっと試作、のつもりが

IMG_7825.JPG
途中から もったいないおばけ が出て来ちゃって…。



上からもどーぞ。
IMG_7846.JPG
もはやヒトデ以外の何物でもない。



使用糸は
・ダイソーレース糸 #20 黒

てっぺんにピコーンとしてるのは まち針 。

土台は 綿棒の蓋 です。



×××××



今回のブツを作るにあたってはいくつかの目標があった。
それは、

1、更なる自立を目指す
2、より良い接合方法を模索する
3、ある程度の耐久性を持たせる

といったもの。


そこで、1の「更なる自立」は、円錐の底辺を長く、
高さは抑えることで達成を目指すことに。

また、2の「より良い接合方法」は、
以前頂いたコメントで「グルーガンを使っては?」というアドバイスを
いただいており、それを今こそ試す時だと決意した。


その結果は―――








IMG_7850.JPG
やり過ぎた。


う~む。


今回、グルーガンを初めて扱うこともあって、隣の人にお願いしたんだよね。
で、ぶつくさ言いながら、それでも真剣な顔で取り組む姿は職人!って感じで
最初は頼もしかったんだけど―――。


「あーあーあー…もうそのくらいでいいよ…!」
「どうせなら色々試したい」
「でもそれ以上やると汚くなるだけだよ」
「じゃあ自分でやれば」
「………(ですよねー)」
「はい出来たよ」
「ついでにてっぺんに何か付けて」
まち針でも刺しとけば?
「(鬼…)」



―――ま、まあ、元々試作のつもりだったし!

それにホラ、今回は黒の糸だから、グルー跡は目立って当然だし、
グルーガンの扱い方や、グルーの性質もだいたい分かったし(見てただけだが)、
まち針も刺してみるとなかなかの電波っぷりを発揮してくれたし(発信ゆんゆん♪)、
何より目標1~3の「自立・接合・耐久性」は達成したし(かなり強引にな!)。


×××××


出来上がりのサイズは、縦5cm×横7cm。
※本体のみ。付属品含まず。


所要時間は―――6時間くらい。

今回はビーズ無しなので編むのはラクラクだったけど、
そこそこバランスのとれた「底辺>高さ」にするために何度かやり直しているので、
結構時間が掛かった。

グルーガンでの作業時間は30分くらい。
短時間で固まるので、ボンドより作業効率は断然良い。
まあ熱せられたグルーがグルーガンの先端からじわじわと漏れ出てくるので、
ちゃっちゃかやらざるを得なかったという部分もある。



【 作ってみて思ったこと 】

・ここまでやってきた自分の思う「小細工無しで自立させる条件」
・それは「底辺>高さ」
・当たり前すぎっすねサーセン
・あとそこそこコンパクトであることも条件になると思う
・ただしやり過ぎると木に見えなくなるから気をつけろ
・でもこういう樹形の針葉樹もあるよ、ね?
プンゲンストウヒ “グロボーサ”とか、さ!


×××××


拍手ありがとうございます。
冷え切った心身にじーんと染み渡る…。

拍手コメントのご返信をさせていただきます。


nさん、こんにちは~!
いやいや、自分の作った”もみの木”は出来損ないも甚だしいので、こんなので満足しちゃダメです(笑)。
図書館で入手できたのですね~!では是非とも来年挑戦してください!
でも「何だ、結構簡単じゃん!」と思われそうですが…えへ。

拍手[6回]

プロフィール
HN:
関ララ

当ブログはリンクフリーです♪

でも画像・文章の丸コピペ・改変UPはやめてね♡

拍手嬉しい♡

コメント返信不要の方は
その旨お書き添えください♡
コミュニティ
ツリーカテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 6 7 9 10
11 13 14 16 17
18 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
メールフォーム
※約1,000文字まで送信可能
※名前、メアド、URL欄は未記入OK
バーコード
フリーエリア
フリーエリア
PR
PR
忍者ブログ [PR]