忍者ブログ
タティングレースの記録。 初心者の備忘録なのでひどい出来のものも多々。
今回はビーズを糸に通す<ガイド役>を務める方々に
クローズアップ


×××××


まずはそもそもの発端となった<木工用ボンド>


以前木工用ボンドにも<速乾性>のものがあると教えて頂き
速攻で入手したボンドちゃんです

糸を固める方法としてはとっても簡単でして
それぞれの糸端を斜めに削ぎ(#80以降は斜めに削ぐ意味をあまり見いだせなかったが一応)
ボンドを指でぬりぬりと塗り込むだけ 楽!


で、ついでなので
100均マニキュア(速乾性がウリ)でもやってみた


今度は直手ではなくマニキュア付属のハケでてちてちと塗りました
おお~結構塗りやすいよコレ!
……って塗るためのハケなんだからあたりまえか


で。どちらも速乾性を謳っているお陰か
30分ほどでイイ感じに固まりました♡


以下感想でぃす


【 糸を固めてからビーズを通してみて思ったこと 】

・カチンコチンまではいかなかったけど
・思ったより早く固まり作業に移れたのは嬉しい誤算
・汎用性が高いのもポイント高し
・ただ針のように固くはならないし触っていると次第にヘナってくるので
・#20に丸小ビーズ300個通せ!とかは多分キツい
・注意すべきは
・ボンドを塗った部分は元の糸よりちょっと太くなるという点
・思ったより太くなってちょっとビックリだったの
でも#20、#40あたりの糸は
・意外にもかなり相手(針・ビーズ)を選ぶので

ボンドというチョイスは十分アリだ!



++++++++++++++++++++

ここまでが前回の 2、結果発表編 終了時点での感想

以降は結果発表編で頂いたコメントを受けての

追加実験デス(・∀・)

++++++++++++++++++++



さてさて
先回記事UP後、お二方(Kさん、mさん)から

ヾ(*゚ω゚*)ノ♪~ボンド推し~♪ヾ(*゚ω゚*)ノ

のお声をいただきました(ありがとうございました!!)


前回も一応自分なりにボンド作業を行ってみたつもりだったのですが

「エミーグランデ、特小ビーズも通せますよ♪」


ΣΣ(ФДФ)まじでか


であるならば再びやらねばなるまいな\(^o^)/




今回アドバイスいただいたのは

「レース糸端の20センチくらいボンドで固めて先端をちょっと斜めにカット」
「強めに撚りをかけながらボンドでがっちり固める」
の<ビーズ直接通し法> と

「細い糸にビーズを通しておき、その糸とレース糸と重ねて木工用ボンドで貼り付け」
「2本の糸は少しねじり気味に馴染ませしっかり乾かす」
の<細糸ワンクッション法> の2つ


共通しているのは「レース糸をボンドでがっちりねじり気味にして固める」点
それに自分の少々のアレンジを加えて再実験スタート


対象レース糸はオリムパス エミーグランデ(#18~#20相当)
ビーズの入り口をちょっとでも細くするために糸の撚りを戻してほぐし


カット&カットでテーパードラインにする


雑テーパードだけど最終的にビーズが通ればいーの!(笑)


この状態から木工用ボンドを指で撚りを掛けながら塗り込み
しっかり固まるまで放置

固まった状態
速乾性ボンドなので30分足らずで良い感じ


早速特小ビーズを通してみる

糸をテーパード化した甲斐もあって
直でもツリッと入るぅ!!+:.゚(*´∀`)゚:.+゚



高まる期待

あとは徐々に太くなるゾーンを乗り越え
最後まで来てくれるかどうか…!






超 え て キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!



やった!!!! やりました!!!!
エミーグランデに特小ビーズ通りました!!!!! 通りましたよぉぉぉーーーー!!!!!


正直ぜったい無理(エミグラの太さ>特小ビーズの穴にしか見えない)だと思ってたけど
通った!!!!!!!! すごい!!! すごいや!!!!!!!!




この勢いのままもう一つの方法のもやりますよ~~!!!


手持ちのなるべく細くて丈夫そうな糸に予めビーズを通しておく
エミーグランデレース糸もテーパード化再び


細糸をエミグラに巻き付けるように長めに絡め合わせて
木工用ボンドを指で塗り込みしっかりと接着

作業途中で取れると地獄を見ます(((;゚Д゚)))とのことだったので
ガッチリ接着&シッカリ乾燥しました!!!


今更だけど使った道具たち(ALL手持ちーズ)

・セメダインの木工用ボンド<速乾>
・ニット用レジロンミシン糸



固まったところで
ミシン糸からエミーグランデの方へビーズを移し通します

どうかな……どきどき……


道中

(ミシン糸がエミーグランデに巻き付き&接着してます。見えるかな)


そして



UP



やりました!!!

やりましたとも!!!。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

はぁ~~さいこぉ~~!!!!




せっかくなので編んでみましょう


こ、これは…………
お聞きしてたとおりの映えなさぶり(ノ∀`)


UP

左下のピコに特小ビーズ1個だけのやつの埋もれ具合(ノ∀`)

3個、4個とまとめてみたら何とか意義ある装飾具合になったかもだけど
通す労力と必要なビーズの数を考えると

「#20+特小は全くお勧めはしません」

のお言葉にただただ同意( ´∀)人(∀` )


でもでも念願叶ったエミグラwith特小ビーズ
最高に嬉しい~~~!!!!

Kさん、mさん
本当にありがとうございました!!!!!


※当実験をふまえ、前回記事を一部訂正しました(・∀・)


×××××


拍手ありがとうございます♡
では拍手コメントのご返信です~!


Uさん、こんにちは~!
ダイソーの#40、昔は#20と同等レベルの色展開だったのに今は…(´・ω・`)ショボリンヌ
タティングを始めて半年くらい経つと手も良く動くようになって一番楽しい時期(≧▽≦) 今後も楽しみましょうね~( ´∀)人(∀` )


Nさん、こんにちは~!
あ! それを言っちゃおしまいよぉ(笑)(笑)(笑) でも無駄に熱いなーとかまた馬鹿やってんなーとか思ってもらえれば嬉しいの~♡
そうだそうだ! ビーズ側で対応するという方法もあったんだ~! 以前にもNさんにTOHOのLHビーズがいいですよって教えて貰ってたくせに~/(^o^)\恩知らずめ~ でもいい加減そろそろちゃんとしたメーカー品のビーズを使ってみないとね! よし早速買ってきます! ハマるとマズいから気づかないフリしてたけどやっぱビーズは可愛いね…!!


Kさん、こんにちは~!
おおおお!! エミーグランデに特小ビーズ、行けますか!! 不可能では無いと!!
早速も早速ですがアドバイスに従い、しっかりボンドを付けて撚りもキリキリかけてじっくり固めてみましたところ―――通りましたぁぁぁぁ。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
ただ仰るとおり全くビーズが映えずアララな出来でしたが、通せただけで自分は満足です(*´д`*)
アドバイス本当にありがとうございました+:.゚(*´∀`)゚:.+゚


mさん、こんにちは~!
面倒なビーズ通しがちょっとでも気楽に出来るようになれば…の一心でやってしまいました~(≧▽≦)
今回は糸と糸を貼り合わせてビーズを移す方法のアドバイスをありがとうございました♡(*´д`*)♡
お陰様で通すことに成功いたしました!!!ヽ(^o^)人(^o^)ノ
糸を貼り合わせる際、ねじり気味に馴染ませるというのがナルホドポイントで、これなら途中でそうそうすっぽ抜けない…!! 素晴らしい…!!!

拍手[15回]

前回記事(役者(道具)揃え)はコチラ


まずはとりあえずの
結果はっぴょうをしておこう



こんな感じです
(代わり映えしない糸(細糸系)は全部は載せてないけど推測推測~♥)


×××××


さて
今回の目標は

「各種レース糸にビーズを通す際の最適解を導き出す」

ということでした



<レース糸に直接ビーズが通ってくれる>のが一番簡単で
何にも考えなくて良いわけだけど
でもレース糸ってのはやわやわな糸であって
固い針金とかじゃじゃないのね

一つ二つならともかく大量に通すのは
大・変・な・の・!


だからレース糸とビーズを繋ぐ橋渡し役の
<針的なモノ>が必要になってくる
 ↓
てことでまずは<針的なモノ>に<レース糸>を通してみる
 ↓
首尾良く<針>に<糸>が通ったら
 ↓
<ビーズ>を<針>にツリッと通す
 ↓
後は<ビース>を<レース糸>まで導いてやれば
 ↓
無事
目・標・達・成・♥


―――なんだけどあくまでこれは【 理想 】なのね

そんなに簡単にいかないのね

【 現実 】ってーのは



今回色々やってて分かったのは

糸>、<針>、<ビーズ> の それぞれの関係性

を把握しとけってこと



(前置き長ー)


×××××


【 表にしてみた 】


< 針 × ビーズ >
 


ちょっと分かりにくいかもだけど

例 : 糸に丸小ビーズを通したい
解 : 3.木綿針より細い針を使いなさい

まあこんな見方ね


で、針とビースの関係がつかめたら
今度はコレ


< 糸 × 針 >
 


例 : #40金票レース糸が通せる針はどれ?
解 : 4.絹針、アップリケ針、手ぬい針ビーズ針以外でドゾ

こんな風ね


で、最終的にまとめた表がコチラ


< 糸 × ビーズ >


例 : #20エミーグランデに丸小ビーズを通したい
     ※すてハン2016年12月号の時と同じ条件
解 : 選択肢は多くはない。⑦、⑧、⑨、⑩いずれかで行うがよろし

例 : #20エミーグランデに特小ビーズを通したいんだけど?
解 : ム(・∀・)リ
    【H29.6.22追記】
    なんとなんと! 可能でありました!(≧▽≦)
    (詳細は次回記事にて)

こんなカンジです


※#20エミグラちゃんに特小ビーズを通した猛者がおられましたら
 是非ご一報願います!
【H29.6.22追記】
猛者キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
(詳細は次回記事にて)



これだけでもなんとなく可愛い
恐るべしビーズの力


×××××


拍手ありがとうございます♡
では拍手コメントのご返信です~!


Unknownさん、こんにちは~!
教えて頂いた「ビーディング・ニードル」はビーズ通し針とよく似たカンジのようですが、針のお尻ではなく真ん中がパカッと開くのが面白い~(≧▽≦)
ただ何故尻ではなく真ん中パッカリ形式にしたのが謎…ですが意味はある筈なので気になるところであります(・∀・)


Nさん、こんにちは~!
確かにそこまで大量なら「最初から糸通しビーズを買う♪」という選択も十分アリね~(≧▽≦)人(≧▽≦)
それに時間制限のあるお教室ではビーズ通しに時間かけてられない…わかる!
ビーズ手芸は一大ジャンルだから道具も充実してるよねぇ。ただビーズ針一つ取ってもちょ~っと高いのよねぇ。。。


mさん、こんにちは~! はじめましてっ!
そちらの糸はミシン刺繍糸用?のようなのですが…私、ミシンも刺繍もしたことがなくて(汗)。
どの程度の細さなのか分からないのですが、ただタティングでは細さが問題になることはあまり無いと思います。むしろウェルカム?(笑)。
タティング糸として使う場合は(私個人の考えでは)糸の強度、ある程度の撚り、ネップなど凸凹のない糸であることが条件になるかと思います(ボビンレース用の糸は弱くて千切れるためタティングに向かないと聞きました)。
今回の糸はタティングもできると書いてあったそうなのでその辺はクリア出来ていると思います。
なのでまずは一つ、お気に入りのモチーフをお作りになってはいかがでしょうか?
全くアドバイスになっていませんが(汗)きっと糸タン自身が答えてくれると思います( ´∀)人(∀` )


返信不要の方! ちょっとだけ!
自分自身分かりにくい?と思っていた部分だったので簡易的ではありますが対応いたしました!
ご指摘ありがとうございました~!!(≧▽≦)

拍手[18回]

復帰1発目の記事で
すてハン2016年12月号「雪の結晶のネックレス」を作った際


「レース糸にビーズを通すのが難儀だった」
と独りごちていたら

「ボンドで糸先を固めてから通すといいですよ」
と神の声

(Yさん、mさん、その節はありがとうございました!)



では改めまして

レース糸にビーズを通す


A 7種類の糸
B 10種類の針・ボンド類
C 3種類のビーズ


各種糸・各種針類・各種ビーズを使って

それぞれの関係性を探っていきましょう


×××××


A 7種類の糸

太い(太く見える)順から
 1 オリムパス エミーグランデ #20相当
 2 オリムパス 金票 #40
 3 ダルマ家庭糸 細口 #不明
 4 Lizbeth #80
 5 DMC #100
 6 CORON #160
 7 絹ミシン糸50番 #不明


1~6


7


使う糸を引き出して並べました

1~6


6と7の比較
(細糸界の伝説<#160>と、裁縫箱に転がっていた絹ミシン糸がほぼ同じ太さに見える件)
(ちなどっちもZ撚り)



B 10種類の針・ボンド類

太い(小さいビーズが入らなさそうな)順から
 1 クロバー クロスステッチ針(太)
 2 COSMO クロスステッチ針(細)
 3 クロバー ぬい針「絆」 普通地用短針8 木綿針三ノ三
 4 クロバー ぬい針「絆」 薄地用短針8 絹針四ノ三
 5 クロバー アップリケ針
 6 遊心 手ぬいビーズ針
 7 藤久 ビーズスルー(ビーズ通し)
 8 ダイソー ワイヤー針
 9 遊心 手ぬいビーズ針 + CORON#160レース糸の輪
 10 ボンド類(速乾性木工用ボンド、手芸用ボンド、(速乾性を謳う)100均マニキュア)


1~2、5~8


3~4


9(今回使ったのは右。より細い針とより細い糸の組み合わせ)


10(全種類使うとは言っていない)



C 3種類のビーズ

大きい順から
 1 パーツクラブ 丸大ビーズ
 2 パーツクラブ 丸小ビーズ
 3 パーツクラブ 特小ビーズ




ビーズトレイにじゃらっと出したところ


×××××


上記以外に意外と必需品だったりするのが
針に糸を通したりするときに使う「糸通し」

・遊心 糸通し(スレダー)



・絹針用
・ミシン針用
・木綿針用
の3種セットですが
今回は一番細い「絹針用」一択



そしてこの「糸通し」でも通らない場合の
ある意味禁断の技が

「 髪の毛スレダー 」です


そう
自分の頭からなるべく丈夫そうな奴をプチンと抜き
それをスレダーとして利用するのです
こわい

画像は上げられません
ホラーだから



でもめちゃくちゃ使える奴だったよ
MY HAIR

なにせタダ
(今までいくつの糸通しを壊してきたことか)
丈夫
(※個人差があります)
相当細い針穴にも楽々対応!
(これはホントにすごかった!)

剛毛でよかった(笑)


※役者が揃ったところで次回結果発表


×××××


拍手ありがとうございました♡


返信不要の方! ちょっとだけ!
実はコメントをいただいた時、正にその件について次回から連続UPしようと思ってた矢先で…!
なのでものすごいタイミング~+:.゚(*´∀`)゚:.+゚とヨロコビックリでした~!!

拍手[21回]

以前のこちらの記事

タティングレースツールセット<フローズンブル->限定品



にて
自分はこのように申しました

・ただしゲージサイズの印字(1、2、3…13)が印字タイプなので
・近い将来剥げあがって消えること間違いなし
・メーカーさん
・永く使う道具類にすぐ消える文字入れるの
・そろそろ止めてほしいですぅ…



ごめんなさい

自分が間違っていましたm(_ _)m


(なので該当する記事等に訂正を入れましたm(_ _)m)





でですね
その例の記事のUP後にですね
改めてピコットゲージをまじまじと見てみる機会があったんですけれども


この光の当たり方だと分からないんですが…


ちょいと傾けますと

(UP)



にゃんと!Σ(ФДФ)

にゃにゃんと!!ΣΣ(ФДФ;;)

印字文字の上にコーティングがされているではにゃいですか……!!


おおおおおおおお

ごめんなさいクロバーさんごめんなさい

クロバーさんはちゃんと印字が消えないように対策をしてくれていたのに

よく見ないまま軽くdisちゃったり(ヲイ)しちゃってごめんなさいぃぃーーーー!!!!!!111





(裏の社名は刻印タイプなのになんで数字は印字なのよーキーッって
短絡的に思い込んでしまって本当にごめんなさい反省してます……………)







―――で

このコーティングなのですが

(本当に文字消えないのかなー削れないのかなー)

って思って

爪でカリカリしてみました

(ええ、自分が屑系なのは分かっています、すまん)



【 印字コーティング部を爪でカリカリしてみた結果 】

・結構大丈夫そうよ!(≧▽≦)
・少なくとも10回くらい爪でコリコリカリカリした程度ではびくともしなかったよ!
・メーカーさんには本当に申し訳なかったですm(_ _)m
・でも
・それを分かった上で自分は
・更にマニキュア塗っちゃいました(。A 。 )

(・塗った後)
(・Cさん、塗ったよ! 情報ありがとう!)
・だって……あのさ……もしさ……
・使ってる間にさ……禿げてきちゃったら……残念じゃん……?………
(・いや残念なのはお前、心底、)



最後に言い訳がましくなりますが
マニキュアを塗らないでそのままにしてある個体も残してあり
今後使っていく中でそれぞれがどのような経過を辿るのか
観察していきたいという気持ちもあるのです

―――ということをお伝えして本日は終幕です





隣人氏とねこ らぶらぶ

またかってにUPして~!
ぷらいばしーとしょーぞーけん侵害で訴えるにゃよ!>ヾ(ФДФ*)ノ=3


×××××


拍手ありがとうございます♡
では拍手コメントのご返信です~!


Mさん、こんにちは~! はじめましてっ!
「タティングによる歳時記」は自分も存じ上げなくてよその方のブログで知りました(*ノωノ)テヘ
クロバーさんの新製品もやはり発売日=出荷日なのですね~! お店に行く前にお教えいただけて大変助かりました! ありがとうございました!(≧▽≦)人(≧▽≦)


Nさん、こんにちは~!
出来ている!というほどのモノじゃないのですが(*ノωノ)とりあえずしょうゆ差しから救出することはできました(笑)。
新刊の「レース編み使用でカンタン!~」ですが、そうなんですよ~我らが左利きーズはレース編み(主にクロッシェ)がうまく出来ないからタティングを選択してる部分もあるんですよね~( ´∀)人(∀` )
絹のミシン糸―――聞くだけで細さで震えます(笑)。ダルマの#60に新色出たんですよねーつい最近最初の7色揃えたとこなのにー⊂⌒~⊃。Д。)⊃


Sさん、こんにちは~!
ホントはシャトルケースと言えるほどの出来じゃ全く無いんですがとりあえずいいかなって(笑)。
今春は新刊多いですよね~! 嬉しい! 確かにちょっとお高いかなという御本もおられますのでワタクシも正直悩み中です(-人-) 誰かレポして背中押して(笑)。
ふふふ、以前から拝見してましたよ(ΦωΦ)✧キラーン 自分もそっちは割とイケるクチですし、ふふふ。


Kさん、こんにちは~!
おお~! PuPu行かれたんですね!! むっちりむくむくで仕上がりがなんとも可愛いですよねー♡ 
お安い糸とはいえガッカリされなくて良かった! レポって個人の感覚や価値観に大きく依るものですから、UPするときはいつも緊張するんですけどお役に立てて良かったです(≧▽≦)
シャトルの数…実はアレに写ってないのもまだまだあるんですよ(ノ∀`) 国産ボビンシャトルが出るのがもっと早かったらこんなことにはならなかったかもー(ノ∀`)


Nさん、こんにちは~!
情報ありがとうございます!! 早速拝見して参りました~(≧▽≦)人(≧▽≦)
おおーボビン部の構造もちょっとですが見えますねー(≧▽≦) てかやっぱり新色シャトルがあるー(笑)。やるなぁ(ノ∀`)


Kちゃん、こんにちは~! おひさしぶりー!!
また会えて嬉しいよー♡(≧▽≦)人(≧▽≦)♡ 待っててくれてありがとう~! ホント長いこと不義理にしててごめんねぇ| |д・) ドキドキ…
もうジャンル移っちゃったかなーって思ってたけど…うんうん! また一緒にタティング楽しくしようねー( ´∀)人(∀` )ワーイ!


Cさん、こんにちは~!
本当にお久しぶりでございます(*ノωノ) いえいえこちらこそ不義理者で申し訳なく…!m(_ _)m
今回作ってみたシャトルケースは出来る限り綺麗に撮る!という所で一番の努力をしました(笑)。なので実際に使うとなるとまだまだ難があるのですが褒めていただけてとても嬉しかったですー!(≧▽≦)
ブログのお引っ越しされたのですね! Cさんのブログはいつも優しい空気で満たされていて本当に癒やされます…!

拍手[13回]

使います


1、手作りピコゲージ
(不要になったポイントカードを裁断したもの)


薄くて適度にペナペナしているため扱いやすいのが特徴
まず壊れたりしないし
万一折れたり無くしても落ち込まないで済むので
ズボラ~には似合いの道具とも言えますw



2、既製品ピコゲージ
(クロバーのピコットゲージ)


さすが既製品
持ちやすいし普通に使いやすい
あとヘッド部に穴が開けてあるので
ここに紐なり金具(二重マルカンとかボールチェーンとか)を通して
まとめておくと失いにくくて良いかもね
というかそこまでセットにしてくれても良かったのよw



3、フリーハンドピコ

字面まんまです
ゲージを使わずフリーハンドでピコを作っていくもの

通常程度のピコサイズなら目分量でちょっとしたサイズのバラツキは
「ハンドメイド品ならではよね♪」
と脳内ポジ評価もできますがピコが大型になりしかも数もあるとなるとそうも言っていられない

なので毎度毎度定規を当てて長さを確認したりするのですが

これが超絶めんどくさい

以前教えていただいた方法としては
ちょうど長さの合う指の皺とか指紋を見つけてそれを目安(ガイド)にするとか
指にちょんちょんと油性マーカーなどで印をつけガイドとするという方法なのですが
なかなか丁度いい皺wが無かったり印を付ける場所も相当ピンポイントでないとピコ自体作りづらく
楽々サクサク作業♪とは行きませんでした


×××××


では
3パターンで作ったものを並べて比較タイム~
 

左から
1、手作りピコゲージ
2、クロバーピコゲージ
3、フリーハンドピコ
です


どうでしょ?
だいぶ違いません?


やってみた人の主観を以下申し述べますと

1、手作りピコゲージのは尖り気味のピコに
 ・ゲージが薄っぺらいので角が付くのは当然か
 ・ただしこのツンとしたピコがデザイン的にいい方向に働く場合もあると思われる

2、クロバーのピコゲージは丸みを帯びたピコに
 ・厚みがあり角丸なゲージなのでフリーハンドで通常作るピコに似た丸っこいピコになった
 ・連続15ピコくらいは十分いけるキャパシティも頼もしい

3、フリーハンドピコはなぜか妙に小さいピコに
 ・定規で測って1㎝幅でピコを作ってから目を寄せたのでその半分幅の5㎜ピコになるはずが
 ・なぜかとてもちんまりしたピコになってしまった(可愛いけども)
 ・フリーハンドロングピコの欠点は多い
 ・時間がすごくかかる
 ・手間もすごくかかる
 ・既に作られたピコの数を確認するのもすごく大変
 ・最後リングに絞るのもやりづらい(ピコを巻き込みがち)
 ・これだけ苦労してもピコの大きさ揃えるのは至難の業
 ・そもそもピコの長さが当初予定と違うんですけーどーもー!ってなる(笑)


※おまけでこれも


4、舶来品の階段状ピコゲージ
 ・英語表示なので読めない(笑)
 ・単位がインチ表記なのでいちいち換算するのがめんどくさい
 ・そして結局求める長さとは合わない
 ・階段状ゲージは連続ピコに決定的に向かない
 ・ちなみに1つのピコを作るのも容易ではない
 ・階段でいうと「踏み板」の部分がすごく短いので
 ・油断するとすぐに掛けた糸がつるりつるりとすべり落ちてしまう
 これは使えないよ…
 ・作りの割に高いしさ…
 ・―――ということで個人的にはお勧めは致しかねます





という感じでやってきましたが
結局一番気になったのは

「どの方法でやってもロングピコが クルン♪ とよじれてしまう」

ってことだったり……


これってきっと糸の撚れが原因なんだと思います……

たぶん自分の糸の巻き方とか扱い方とか目の作り方とかシャトルの動かし方とかキツ手とか……

あらゆることがアカンのだとおもいます……ぐっふ……



×××××


拍手ありがとうございました!!!

拍手[16回]

プロフィール
HN:
関ララ

当ブログはリンクフリーです♪

でも画像・文章の丸コピペ・改変UPはやめてね♡

拍手嬉しい♡

コメント返信不要の方は
その旨お書き添えください♡
コミュニティ
ツリーカテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 6 7 9 10
11 13 14 16 17
18 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
メールフォーム
※約1,000文字まで送信可能
※名前、メアド、URL欄は未記入OK
バーコード
フリーエリア
フリーエリア
PR
PR
忍者ブログ [PR]