忍者ブログ
タティングレースの記録。 初心者の備忘録なのでひどい出来のものも多々。
Lizbeth(リズベス)の糸端見つかんねー!\(^o^)/
と吠えていたら
いろいろなアドバイスをいただきました(≧▽≦)アリガトー!!

以下よりご紹介させていただきますと

その1(Cさんより)
・外側の巻きの糸の巻きの流れに乗っていない部分を軽く引っ張る

その2(同じくCさんより)
・駄目なら外側の巻きの糸を軽く爪で弾く

その3(Iさんより)
・横に巻いてある糸の斜めに重なっている所の上に乗っかっている方の端を引くと出てくる

その4(tさんより)
・外側の巻きにマステを一周ぐるっと貼り付けてゆっくりとはがすと糸端だけが引っ付いてくる



さあ試しましょうぞ\(^o^)/



Lizbeth#40で


(あれ?すぐ見つかっちゃった…)


テイク2


(うそーん/(^o^)\)


テイク3


―――ま、まあさ
#20とか#40ではそう苦労はしてないんだよね(半分嘘)


真打ち、Lizbeth#80、登場


(笑)


―――まずいぃぃ~!
このままじゃ(完・笑)になっちゃうぅぅ~!
手持ちのリズベス(※未使用分)が尽きる前になんとかしないと!!



最終兵器、投入
Lizbeth#80のMIX糸 ←カモフラージュ効果で糸端探しがいっそう困難

(よし!糸端発見ならず\(^o^)/\(^o^)/ヤター!)


では、準備が整ったところで
「その1」から試していこうと思います

その1
・外側の巻きの糸の巻きの流れに乗っていない部分を軽く引っ張る
 →上官殿!敵はすべて見事に流れに沿っており識別不能であります(^o^)ゞ

その2
・駄目なら外側の巻きの糸を軽く爪で弾く
 →上官殿!爪が痛いであります(^o^)ゞ敵も発見ならず!

その3
・横に巻いてある糸の斜めに重なっている所の上に乗っかっている方の端を引くと出てくる
 →(くーい、くーい、くーい…)
  上官殿!敵の守り(=巻き)の固さは我が方の予想をはるかに超えております(^o^)ゞ

その4
・外側の巻きにマステを一周ぐるっと貼り付けてゆっくりとはがすと糸端だけが引っ付いてくる
 →上官殿!我が方にはマステなどという洒落た物はありません!(※本当)
  よって「紙絆創膏(サージカルテープ)」で代用いたしました(^o^)ゞ

ぐるりときゃつらの周囲を包囲し

ゆっくり剥がしていくと

(……あれっ?)

さっき(未撮影時)は2回連続で出来たのに
なんで本番(撮影時)では出てこないかなー? (#^ω^)ビキビキ


でも「巻きの向き」と逆方向に剥がしてやらないと上手くくっついてこないことってあるよね?!
てことで逆向きに巻いて剥がしてみる―――が、駄目
その後2、3回同様に試してみるも―――やっぱり駄目


サージカルテープより粘着力が強いかもと思って
セロハンテープでもやってみた

うん駄目でしたw
いや~意外とセロハンテープって粘着力無くてサージカルテープより密着力に欠けているので糸端探しには向かない感じ? いやそもそもそういう用途で作られていないのだけど(笑)。


その1~4まで試しても糸端は見つからず
ふりだしに戻ってしまった/(^o^)\
結局いつものように糸玉をこねくり回す作業に/(^o^)\

あーあーあー


もう愛せない、かも


いや~しっかし押しても引いても本当に見つからないわ\(^o^)/
でもこのままでは本当にこの糸が使えず仕舞いになってしまう

てことで駄目元でもう一回テープを巻きました


ぬぉっ?!

(拡大)

ぶれてるぶれてる

撮り直し


UP


キキキ、キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!




(背景と同化して分かりにくいので場所を変えました)


UP


さらにUP


キタワァ.*・゜*:.。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*・゜*☆




【 リズベスの糸端を探して思ったこと 】

・見つかる時はすぐに見つかるが
・見つからない時は本当に見つからない
・それがLizbeth(リズベス)(笑)
・中でも細糸の地味色グラデ糸が最も見つけにくいと思われます
・そしてリズベス糸端探しの手順は以下のとおり
・1、まずは普通に糸端探し(1/3くらいはここで見つかる)
・2、見つからなければマスキングテープ(orサージカルテープ)を巻いて、ゆっくりと剥がす
・3、マステにくっついてこなければ逆向きに巻いてもう一回
・4、それでも駄目なら糸玉自体を少しほぐす(1に戻って糸端探しをしていればイイ具合に崩れてくる)
・5、ほぐれたところでもう一度マステを巻いて剥がす
・6、上がり(≧▽≦)
・これでほぼ見つけることが出来るはず


×××××


拍手ありがとうございます。
では拍手コメントのご返信です~!


tさん、こんにちは~!
「マステ法」、教えていただいて本当にありがとうございました!!
これはすごいです!!! 今までの苦労はなんだったんだぁぁ…。
今では糸端探しが楽しみになってしまいました(≧▽≦)


Iさん、こんにちは~!
糸の継ぎ足し、の動画。私も何度かトライしてみたことがあるのですがどうも要領を得ず…理解力無さすぎ(涙)。でも今見たら今なら出来るかも?!な気がしたので再トライしてみまっす!(^o^)ゞ
糸端の見つけ方もありがとうございました(≧▽≦) SNS系をやっていないこともあり情報に対してとても受動的なので、こうしてメッセージを書いて送ってくださる方の存在が本当に嬉しく有り難いのです(*・∀・*)人(*・∀・*)


Nさん、こんにちは~!
薔薇の園はお手入れ大変よー\(^o^)/
ディアマント様はクリスマスにぴったりですよね♪ 新色はまさにクリスマス狙い?(笑)
ドールさんにはタティングモチーフのちみっこさが抜群に合いそうー♪♪
おおお新刊情報詳細キタコレー!!(゚∀゚) 来年の2月…って実はもうすぐー?!(((;゚Д゚)))

今度の本は比較的易しめみたいですね。
前回の本は明らかに超!上級者向けでしたからねぇ。←当然の如く手つかず(ノ∀`)
今回も製図付きみたいで嬉しいんですけどテクニック解説はやっぱり無し?かなぁ…実際問題としてテクニックを図と文字だけで解説するのはすんごい難儀だってことは分かってるけど…(T_T)

拍手[29回]

Lizbeth(リズベス)の糸を取り扱うお店が増えてきたみたいですね。

ひとつは東京・京橋にある「越前屋」さん。
「あるらしい」という噂は聞いていたんですが、地方者の自分には確認する術がない(涙)。
そうしたら実際に行ってきましたよー!というコメントを頂戴いたしまして!
Nさん、その節は本当にありがとうございました~!

そして教えていただいた具体的内容なんですが、

・Lizbeth(リズベス)は#40と#80のみ取り扱い
・色は全部揃っているわけではない
・MIX糸多め、#40多め
・#40は619円、#80は420円


―――ふぉぉ…なんとありがたいリアル情報。

Nさん、本当にありがとうございます(涙)。


全色は無いし、今のところ#10、#20も無いようですが、
置いてあること自体が、

羨ましい。

妬ましい。



そして神戸の「ドヰ手芸」さんも最近置くようになったらしい…。



神戸………





やっぱり遠いよ!!!



。。      ウワァァァン
  。  。 +
゚。・ 。 +゚ 。・゚(゚`Дフ。
      ノ( /
      / >

拍手[15回]

そりゃ自分だって、ずっと欲しかった。

けど自分は、糸は実物を見て買いたいタイプ。

だって糸萌え属性の自分にとっては、お店で可愛いコ達に囲まれて

ハ ア ハ ア す る

ことが糸の値段に含まれているからだ。


×××××


Lizbeth(リズベス) #20 単色/MIX

550円で購入。
25gで210yd。
この糸はアメリカの糸なので、長さの単位がヤードなんである。
でも重さはグラム。まあいいか。
ヤードをメートルに換算すると 0.9144 × 210 = 192.024m。
だから25gで約192m、でいいかな。


Lizbeth(リズベス) #40 単色/MIX

590円で購入。
25gで300yd(メートル換算で約274m)。


購入店はいずれも福岡にある「CROCHET」さん。
親切な読者さんに教えていただいたお店です。
Nさん、sさん、ありがとう!!


で、まずは並べてみた。
IMG_9251-1.jpg
糸の番手でラベルの色が違うらしい。

#10 … グリーン
#20 … ピンク
#40 … ブルー
#80 …(不明) ←H24.6.13追記。オレンジ色だそうです。sさん、Nさん、kさんありがとう!

ちなみにMIX糸も同じラベル色です。


いよいよ開封。
ラベルを外すと―――。
IMG_9268.JPG
おお!
ジッパー付きの袋に入っていたのか! こりゃいい。
糸って何気に汚れやすいし、余った糸も入れておけるぞ。むふふ。


自分にとってはラベルも大切な品物なのでしっかり取っておく。
IMG_9269.JPG
この状態だとジッパーが閉まらないわけだが(笑)。


またラベルには「糸の番手」「色番」そして「色名」が書いてある。
そう。
Lizbethの糸にはすべて「色名」が付けられているのだ!
素晴らしい!!!

自分は常々、糸に色番号だけしかない場合において、無機質さと不親切さを感じていた。
そりゃ色にも個々のイメージというものがあって、メーカー側が「コレ!」と言い切ってしまうことに対するリスク的なものもあるのかもしれない。
でも、でもですよ。
やはり作る側、売る側にそれなりの色名を付けてもらえると、使う側、買う側としては非常に有り難いわけですよ。

例えば白系。

・Snow White
・Natural
・Ecru

という色名に対し、色番だけだと、

・601
・602
・603

なんのことやらである。

このように適切な色名が添えられていると糸の色が非常にイメージしやすくなるのが実感できると思う。
特にディスプレイ上でしか色を確認できない場合には重要な判断材料の一つになるだろう。


またLizbethの糸は色名の付け方がすんばらしい。

例を挙げると、上に出てきたMIX糸。
この糸の色名は「Rainbow Taffy(レインボー・タフィ)」。
そして実物も色名通り、まさに「レインボーの糸」だった。

え?「タフィ」はって?
さぁ…どういう意味なんだろうね…。

―――調べてみるとアチラのキャンディ、飴の一種らしい。
「Rainbow Taffy」で画像検索すると「こんなサイケデリックな色の飴、どこかで見たことあるわ」的なのが引っかかってくるので、気になる方はググってみてください。


IMG_9245-1.jpg

さあ、どうしましょうかね(嬉)。


×××××


拍手ありがとうございます。
最近ゲーム音楽に再ハマリ中。

では拍手コメントのご返信です~!


Nさん、こんにちは~!
リズベス、やっと入手いたしました! ほんとに「かっちりしている」という形容がぴったりの糸ですよね~。かといって固いわけではないし、何とも不思議な面白い糸です。
ええ、金票(単色)もコンプ済で、だったら競合商品の紫野(単色)もコンプしちゃえと。何より40%オフだったのが大きかったです~。
おおお、お店に行かれましたか!具体的情報に感謝いたします!今度の記事に書かせてくださいね~!
更にDMCのコットンパール12番もいっぱいあったそうで、いいなぁいいなぁ…! ああ、オラも東京さ行きてえなあ…。
段々のピコゲージは可愛いですよね~! 自分もしばらく前に買ったのですがインチサイズのため今ではすっかりお飾りとなってしまっています。でも可愛いからいいんだ~♪


Tさん、こんにちは~!
おおっ、はなやかなコースター作られましたか! しかも息子さんがプレゼントしてくれた糸で! どんだけ素敵な話なの~!
Tさんもリズベスの糸がお好きなのですね♪ タティングレースの場合、細糸になればなるほど、ほどきやすいというのが大変な利点になりますよね!
今回使ってみた緑のミックス糸、とっても気に入っているのですがミックスというよりグラデーションで、単品使いだと単色と大差なかったのでミックス糸のダブル使いにしてみました。ミックス萌え者にはリズベスの糸はたまらないですよ~!    


Tさん、こんにちは~!
はい~お宝に囲まれて嬉しい悲鳴を上げております。最近の悩みは「どの子を使おうかな~」という贅沢すぎる悩みです(笑)。
Tさんも丁度リズベスを注文されたそうで、早くお手元に届きますように! みんな可愛いですよ~!
「華麗」は飽きましたか(笑)。でもそのお気持ち、すごくわかりますよ(涙)。更には「中」で終えるか「大」まで頑張るか…華麗チャレンジャーは皆、頭を悩ませるところですね。
自分はお教室にも行けず、相変わらず「ひとりぼっちdeタティングレース」なので、拍手やコメントで反応して貰えることがとっても嬉しく、特に初期からずっと応援してくださっているTさんにはいつも感謝の気持ちで一杯です。

拍手[14回]

糸の紹介は追々するとして。
とりあえず作ってみた。

IMG_9285.JPG

使用糸
・Lizbeth(リズベス) #20 MIX 色番167(Jungle Greens)


8目・8目のスプリット・リングをてってってーっと繋げただけ。
Aシャトル、Bシャトルともに1m巻いてみたら13のリングができた。



もいっちょ。
IMG_9286.JPG

使用糸
・Lizbeth(リズベス) #20 MIX 色番167(Jungle Greens)
・Lizbeth(リズベス) #20 MIX 色番138(Leafy Greens)


モチーフは
「優雅なタティングレース」 / 藤重すみ:著 の P.40にある
「シャトル2個で交互に編む」で紹介されていたもの。

AシャトルにはJungle Greens(濃い方)を2m、
BシャトルにはLeafy Greens(薄い方)を3m巻いた。
そうしたら11パターン出来て、Bシャトルの糸が70cm余った。

自分はこのパターンを勝手に「ウロコパターン」と呼んでいる。
けど緑色の糸で作ったら葉っぱになった。
可愛い。


×××××


寝込みを襲う悪い飼い主(笑)。
IMG_9272.JPG


IMG_9273.JPG
「やんのかゴラァ!!」


×××××


拍手ありがとうございます。
梅雨入りキタ。

では拍手コメントのご返信です~!


Kさん、こんにちは~! お久しぶりです~!
ほーほー!手縫い糸ですか! それなら確かに色数豊富そう!
#80くらいですか。手縫い糸って結構細いんですねぇ(←普段ほとんど裁縫しないのがバレバレ)。
タティングの場合、糸は少量の方がかえって良かったりしますよね、場所取らないから(笑)。
今度お店で見てきますね! 情報ありがとうございました!


Mさん、はじめまして~!
いつもありがとうございます~! し、刺激…!恐縮ですっ…! どんな刺激なんだろう(ドキドキ)。
でもたまに変なのが混じってますので食あたりには十分お気を付け下さいね(笑)。
ブログ拝見させていただきました! タティング以外も色々されているのですね。器用でいらしてうらやましいです~!

拍手[19回]

HOME |
プロフィール
HN:
関ララ

当ブログはリンクフリーです♪

でも画像・文章の丸コピペ・改変UPはやめてね♡

拍手嬉しい♡

コメント返信不要の方は
その旨お書き添えください♡
コミュニティ
ツリーカテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 8 9 11 12
13 14 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メールフォーム
※約1,000文字まで送信可能
※名前、メアド、URL欄は未記入OK
バーコード
フリーエリア
フリーエリア
PR
PR
忍者ブログ [PR]