忍者ブログ
タティングレースの記録。 初心者の備忘録なのでひどい出来のものも多々。
2016年に発売されたキットに
ようやっと手を付ける周回遅れ


×××××


Clover 手芸キット
タティングレースで作るアクセサリー
タッセルピアス レッド(57-192)


某手芸用品店にて購入
定価1836円のところ1285円で購入
7掛け


これです
以前買ってあるけどいつ出来るかわかんないよとか言ってたやつです




パッケージUPその1



パッケージUPその2




中身



糸とシャトルと金具



練習糸/本番糸/本番糸



封入のシャトル(レッドとグリーン)
キット限定カラーのシャトルはグリーンの方



金具



×××××


さて「つくるぞー!」と気合いを入れて
”作り方説明書”を開いたところ


1.タッセルを作ります


お、おう、タッセルからか…

でもタッセルがダメ押しになってこのキットを選んだ経緯もあるしと
気持ちを切り替えてタッセルタッセル!


で、ナニナニ? はがきなどをカットして?
どうもタッセルの房になる部分は糸を厚紙にぐるぐる巻き付けて作るらしい
そしてその厚紙は自分で調達して計って切って準備しなさいというので
お中元で頂いたビールの空き箱の端を切り出しまして
付属のレース糸(アイボリー色/本番糸)をぐーるぐる

すごく・・・贅沢です・・・


で、指定回数巻き付けたら台紙から外して
真ん中あたりをカットした同糸で結ぶ(ぎっちり結ぶべし!)

真ん中を結んだ糸はピケって切る
このそうめん感


次いで同梱金属パーツの丸カン(大)を
ラジオペンチで糸を縛ったあたりに付ける
ちなみにこの丸カンは糸束を締めるためのものじゃなくて
後に引っかけ金具(フックパーツ)にするために付けるものである

ちなラジペンは自前で2本準備する必要あり


今回の同梱金属パーツ
・イヤリングパーツ×2
・(ここには写ってないけど)ピアスパーツ×2
・丸カン(大)×2
・丸カン(小)×6、

パーツちっちぇー!


あと後日の自分のために書いておく

台紙から糸を外したら
以降はいじるなさわるなひっぱるな!!!!


何故ならちょっとでもいじると

(ダメェ…!)


話は戻って
真ん中で結んだ位置&嵌めた丸カン(大)がトップにくるように半分に折ると
先ほど嵌めた丸カン(大)がフックパーツになるので
そのちょい下を同糸で巻き付けていく

この巻き付け作業は出来上がり時の見栄えに大きく係わってくるので
丁寧に糸を並べるように巻く

しかし手元が安定せず糸を巻き付けることができなかったため
クリップで大胆に固定
(当たり前だが作り方説明書にはこんなことは書いてない)


何とか巻き付け完了



しかし結び目バーン&糸が斜めに渡ってしまっている…

これを回避する結び方(巻き付けた糸の中に入れ込んで隠す方法)
もあるようなのでちょっとやってみたけどなんか大変だったから今回は諦めた(・∀・)
今回はタッセルのキットじゃないので一番簡便な方法を記載したのでしょう。きっと

 
これで一応形になったため
いよいよ糸束をカットしていく訳だけれども

ぐきぐきのぼさぼさ

元々のレース糸が
カード巻きされていたため糸に折り目癖が沢山ついてしまっており
この状態で切ってしまうと長さがバラバラになるのは目に見えている


そこで説明書にあった

”アイロンの蒸気をあてると糸がきれいに伸びます”

これを信じ家アイロンのショボいスチーム
(ほぼスチーム出てこない&熱水はボトボト落ちてくる)
に賭けた


結果

伸びましたー!

ただ、名ばかりスチーム機能付きアイロンを使うくらいなら
沸かしたやかんの湯気でやればよかった(笑)

あと編み物も始めたことだしスチームアイロン欲しいけど
どれも口コミが微妙で買えない(´- `*)



糸束のカットには指定の長さに切った紙を巻いてテープで留めて
はみ出た部分をカットすると良いとのこと

確かに切りやすい!


飛び散る糸くず

いくら糸相手とはいえ糸切りばさみには荷が重かった


目の粗めのクシでとかして
完成,゜.:。+゜



はじめてのタッセル記念☆



【 作成各種データ 】

使用糸長
 計ってないけれども厚紙に巻いた糸が
 1個あたり:9cm×40回×2=7.2m なので
 最低でもそれくらいは必要か

所要時間
・1個あたり1時間
 ※アイロンスチームの時間は含まず

完成サイズ
・約4cm(金具含む)


【 寸評 】

・はじめてのタッセル
・思ったより難しかったような…思ったより簡単だったような…不思議なきもち
・思った通りだったのは糸の大量消費具合(((;゚Д゚)))
・でも割とどうにもならない糸の最後の旅路としては最適かも
・ネットで見ていくとタッセルの世界も色々あって楽しそうだわい♪


(次回タティング部)


×××××


拍手ありがとうございました♡

拍手[8回]

ハマナカ 福招 縁起干支 酉あみぐるみキット
2017年干支 にわとりの親子

パンドラハウスで購入
元値1142円?のところ428円で購入




ちょいと前になりますが季節物が
割引の割引になってたので買ってきたの


まさにこれ状態



おーぷん

もあもあのアクリル毛糸やらお目々パーツやら
飾り用小物などが入っています



毛糸はハマナカさんのピッコロ
敷物の赤フェルトは赤もうせんと言うのね

指定かぎ針は4/0号ですが持ってないので
アミュレ5/0号で行かせていただきました(`・ω・´)ゞ


×××××


つくります
まずは親にわとりの胴体

すごくイカっぽくなりましたが
そんなことより



この後はぎ合わせるべきパーツの大きさが
全く合わないんだけどもいいのか



むりやり合わせました

SFみ


底はこんな

だってむりやりですから



そして完成

途中経過がないのは
編むのが結構楽しかったのと
撮ってもフォトジェニックじゃなかったので(笑)
トサカパーツ単品なんて



後ろ

ひよ子のしっぽ位置がズレてしまった
(でも愛嬌あっていいよねということになった)





後から作った子の方がより醜いという事実


糸はキットので十分足りました
(でもワンスモア!というほどではない)

所要時間はわかんない
休み休み道草脱線しまくってたので

完成サイズは
親:高さ約9cm×横9cm
(完成見本は高さ約8cm×横8cmとのこと)
子:高さ約7cm×横7cm
(完成見本は高さ約6cm×横6.5cmとのこと)

全体的に大きめに出来上がったのは
かぎ針指定を4/0のところ5/0にしたせいでしょうか\(^o^)/


【 作ってみて思ったこと 】

・思いの外楽しかったし可愛く出来た♡
・苦手だったアクリル毛糸にも慣れちゃったし♡
・「わ」から始める編み方と「鎖編み」から始める編み方の両方を実践できたのも
・かぎ針編み初心者的に大変よかった
・でも手羽、トサカ、しっぽ、くちばしといった小パーツがちまちましてて結構ちかれた
・綴じ付けも意外と繊細さを求められるのね
・それを下手くそがやるから粗さが二乗
・でも編み地自体はガタ目を隠す作用のある撚りが甘々でぽあぽあな毛糸に助けられ
・一見揃っているように見えて満足なのだった(・∀・)
・作り方説明書には各パーツの付ける位置をトップから○㎝とか明記してあって流石細やか
・え?気づいたのは作り終えた後だけど?




居直りねこ


×××××


拍手ありがとうございます♡
では拍手コメントのご返信です~!


Fさん、こんにちは~!
ヒラタケで捩れていただけて大変嬉しい~(≧▽≦)人(≧▽≦)可愛いですよねぇ
しっぽから編むと目は追いやすいんですが一番大事なお顔が残念すぎることになってしまいますのでこの発想は無くて正解です(・∀・)


Nさん、こんにちは~!
早速ググりました→めっちゃカワイ━━━(゚∀゚)━━━イ!!!!
作ります今作ってます出来たらお披露目しますねぇぇぇ!!!!
素敵なアミラーさんを知ることが出来て幸せです!!! ありがとうありがとう!!!


Kさん、こんにちは~!
懐かしのおたま(‾⊥‾) キモかわいいナイスな奴です(‾ェ‾)(‾ェ‾)(‾エ‾)
そしてヒラタケ(笑)。思ったよりヒラタケがウケて嬉しい→バージョンアップ考え中(笑)。


Nさん、こんにちは~!
ねこさん大変だー(((;゚Д゚))) 強制給餌はねこもひとも大変ですよね。このまま自力で食べてくれるようになりますように…!!!!
ダルマ#60、良いですよね~( ´∀)人(∀` )ネー♡ リズベスよりソフトで優しいのが好っきー♡
でもダルマ#60は太めの糸じゃないでしょ!(笑)。細糸スキーさんはこれだから~(笑)。
色展開はダルマさんこだわりなのですね~! そのブレなさが素敵よ!
でもってまた本が出るんですか…?!?!
アップルミンツってことは…この本ですかね…?

AMのTR本でドイリー本って初めてかも?
気になるけど…正直恐いね…!(((;゚Д゚)))人(((;゚Д゚)))


Kさん、こんにちは~!
おお~! お役に立てて良かったですー(≧▽≦)人(≧▽≦)
普段は詳細を書くことはしないのですがこれに限ってはちょっとダケ(・∀・)
よかったです~( ´∀)人(∀` )

拍手[9回]

クロッシェをはじめたての頃に
「おたま」をオススメされたのでつくりました!


作り方はこちら

おたまの作り方 How to Knit OTAMA

 ※おたまさんのノート(FB)に飛びます




でもこれが
結構難しい~ぃ(こればっか)

尾が 尾がーーー!!!


ちなみに使用糸は

小さい方が
毛糸ピエロ♪ プレミアムコットン 色番130(オリエンタルブルー)
毛糸ピエロ♪ プレミアムコットン 色番156(ベージュグレー)

大きい方が
・ハマナカ ホームメイド アクリック・M 中細 色番6(赤)
・セリア ひつじちゃん ナチュラル 中細 色番4(杢ベージュ)



某ぴちょんくんぽい



どこかを目指すひとびと


×××××


2つのできそこないを作ったあたりで
このままじゃダメだと思いまして
尾から作ることにしました



そしたらヒラタケになりました(笑)



似すぎ



てか逆から編んでったら
顔の部分が減らし目のターンになって
ボコボコになったわ\(^o^)/コレダメ

右のピンク×白のは”順番通りに””丁寧に”作ったおたま
”丁寧に”←これが出来ない


並べます

顏が無いとブキミ



自分が作るとマラカスみたいで微妙
そしてしずくタイプが結構可愛かったことに今更気づくのであった

顔に使える白糸をGETしたらリベンジしたいと思います


×××××


拍手ありがとうございました♡

拍手[11回]

ダルマレース糸 #60(色番1~7)

定価486円のところ、388円で購入。2割引
某ネットショップで購入
10gで約125m





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ダルマ】レース糸 #60 【C4-12】
価格:354円(税込、送料別) (2017/9/1時点)



下段左から

・色番1(白)   … 白だが若干オフホワイト寄り
・色番2(生成色) … 薄めのベージュ色
・色番3(薄灰緑) … ダルマさんお得意のニュアンスカラー。緑と言っていいのかどうか
・色番4(紺色)  … 少し白っぽい紺色

上段左から

・色番5(煉瓦色) … ダークオレンジ。使いどころが分からない
・色番6(灰色)  … かなり明るいライトグレー
・色番7(黒)   … 黒


(これら買った後すぐに新色2色(抹茶・紫)が出たんだふふふふ)



サンプル



【 使ってみて思ったこと 】

・この糸(#60)好きー♡♥♡
・かっちりしてるけどガチガチじゃないので扱いやすいの
・国産糸の中ではLizbethに近い方かも
・でもこっちの方が個人的には扱いやすい
・結構撚れるんだけど→最終的になんとかなる
・この安心感がたまらないのよー(*´д`*)
・編みやすい・締めやすい・ほどきやすい・糸割れしづらい・毛羽立ち少ない
・糸玉の状態ではマットに見えるけど編むと控えめな光沢が出てくる→奥ゆかしい!
・細さも丁度いい具合です
・修行ではなくちゃんと楽しんで編めます
・タティングもいいけどクロッシェでも編みやすいですよ
・問題は・・・色展開
・渋いー渋すぎるー
・決して嫌いじゃ無いけど・・・#80とキャラかぶりすぎなのよね
・実際に比べてみるとビッミョーに色が違うから面白いっちゃー面白いんだけど
・こういうのって糸豚くらいしか楽しめないと思うの(笑)


×××××


さて
#60のカラーバリエーションを見て「ダルマ#80?」と思った人も
少なくないのではないだろうか


比べてみた

上 : ダルマレース糸 #80(色番1、3、4、6、7、10、11、12)
下 : ダルマレース糸 #60(色番1~7)

上のダルマ#80の初出はコレ
3種の花びらモチーフで作るアイテム 18(モチーフC)を繋ぐ


UP

同じように見えるけど微妙~に違うのだ


【 ダルマ#80と#ダルマ60のざっくり比較 】

ダルマ#80
 ・現在16色で展開中
 ・当然Z撚り
 ・そして細い!! 超繊細!!(口ぱくぱく)
 ・けどかなり柔らかい糸なので編み上がりが頼りない
 ・色ラインナップは第一弾目が激渋だった
 ・しかし第二弾投入でかなり華やかになった

ダルマ#60
 ・現在9色で展開中
 ・言うまでもなくZ撚り
 ・この糸も十分細いよ!
 ・けど、かっちり!
 ・その頼もしさが愛しさに変わる(*´д`*)
 ・色ラインナップはやっぱり渋い方向で
 ・そして第二弾の新色2色も相当渋い所を攻めてきた(驚いた)
 ・ダルマさんも好きねぇ…
 ・個人的には花芯に使える黄色を出してホシイわ(・∀・)


×××××


拍手ありがとうございます♡
では拍手コメントのご返信です~!


Kさん、こんにちは~!
おお! 最初と最後のピコつなぎ、同じやり方の人いた~!(≧▽≦)人(≧▽≦)
そして「ちいさなてしごと」でそのような解説があったかも?とのことで、手持ちの「タティングレースのドイリー・2」を確認しましたところ―――あった!ありました!!正にこのやり方ですー!!
このやり方が一番簡単だと思うんですけど一旦手から外して戻す所が初心者的に難しいと言えば難しいのかも。そして折ったりねじったりの方法を取らざるを得ない場合は自分もテキストを持ち出しまーす( ´∀)人(∀` )

拍手[14回]

タティングレースのブレスレット&ピアス70 / maimai kaito 海東 麻井:著 より

・”(立体的な)フラワー” の 「49 ブレスレット」
(立体的なフラワーのブレスレット・立体フラワーを連結したver.・CB-30目リングType)


使用糸は
・ダルマレース糸 #60 色番1~7


×××××


色番1~2



色番1~7
つながりました(≧▽≦)人(≧▽≦)




裏側に返しまして

・チェインの目の輪が出来てない→「白」と「生成」
・チェインの目の輪が出来た  →「緑」以降

その違いをご覧あれ

チェインの輪が 出てない/出てる

結構あからさま(/ω\)

左側のRW組は「輪」が出ないだけでなく後から芯糸が引き締められないので
「お花の穴」が任意サイズに出来ないので穴が大きめになっちゃうの(/ω\)

RWとNRWの違いが大きな差につながるのね~(今更それを言う~?)


あと最後のチェインの繋ぎも
本当は最初の最初に芯糸にゼムクリップを付けておき
最後にクリップを外したときに出来る穴に繋ぐと
最後まで綺麗な円になる筈なんだけど
自分クリップ芸がものすごく苦手なのでやってない………

だって芯糸にクリップ付けても
いつの間にか編み糸側に移ってたり(何故だ…)
クリップがおはようからおやすみまでずーーーっとプラプラプラプラ
超絶邪魔なんだもん\(^o^)/



両端にCB+繋ぎパーツ、30目リング+繋ぎパーツをつけて
完成!

地味だけどお花とCBor30目リングの間につくる
「繋ぎのパーツ」がちまっと可愛い!


ブレスレット状にしたところ~

CBと30目リングの白と黒のコントラスト

―――これは無しだな/(^o^)\


引っかけました



【 作成各種データ 】

使用糸長

<花1個あたり>
・Aシャトル1.8m-Bシャトル30cm

<CB+繋ぎパーツ>
・Aシャトル80cm-CB計ってない-Bシャトル30cm

<30目リング+繋ぎパーツ>
・Aシャトル80cm-Bシャトル30cm

所要時間
・花1個 1時間×7個=7時間
・CB+繋ぎパーツ 1時間
・30目リング+繋ぎパーツ 30分
・合計 8時間30分

完成サイズ
・全長18.2cm


【 作ってみて思ったこと 】

テキストとは立体フラワーの数が違います
・テキストは オリムパス金票 #40 で 立体フラワー6個(全長18cm)
・自分のは ダルマレース糸 #60 で 立体フラワー7個(全長18.2cm)
・MY手首にはジャスト(≧▽≦)
・#40と#60の太さの差がモチーフ1個分くらいにならないかなと思って始めたけど
・結構イイ線行ってた~(≧▽≦)
・#60と細い糸なのでどうなるか心配だったけど
・糸のお陰でかっちり仕上がって満足~!
・最初の2花は内側チェインの編み方を忘れてしまってアレだったり
・最後の詰めや仕上げがアレだったりするけど
・そう!ここはそんなアレな人のブログなのだ!(≧▽≦)


×××××


拍手ありがとうございます♡
では拍手コメントのご返信です~!


Kさん、こんにちは~!
この捻らないピコつなぎ、自分は他で見たこと無いんですが、繋げますよ、ね?(自信なくなってきた)
回すだけであまりに単純で当たり前すぎて誰も言わない・書かないだけだった気がしますが(/ω\)
でもホントに簡単なので是非是非やってみてくださ~い!(そしてよろしければ結果を教えてください!)


Hさん、こんにちは~!
あっ! やっぱりHさんも! やっぱり流れでRWしちゃいますよね~( ´∀)人(∀` )
でもここをNRWにするだけであら不思議! チェイン製の輪になってとても素敵なことになるのです~♪
是非とも再トライしてみてくださいね!(≧▽≦)人(≧▽≦)

拍手[11回]

プロフィール
HN:
関ララ

当ブログはリンクフリーです♪

でも画像・文章の丸コピペ・改変UPはやめてね♡

拍手嬉しい♡

コメント返信不要の方は
その旨お書き添えください♡
コミュニティ
ツリーカテゴリ
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 5 6 8 9
10 12 13 15 16
17 18 20 21 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム
※約1,000文字まで送信可能
※名前、メアド、URL欄は未記入OK
バーコード
フリーエリア
フリーエリア
PR
PR
忍者ブログ [PR]